希望

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

一番下に、今日(日付変わって昨日ですね、11月4日)のちわり写真があります♪
記事は大学附属病院での続き、長文の上、楽しい話ではないので、
興味のある方だけお読みください。

2013.10.25
ちわり家から車で3時間ほど、K大学付属動物病院へ。
眼科の診察は午前中で終わり、
網膜剥離、視力回復は望めないという結果でした。
ちょっと昨日の記事の、書き方悪かったかも…
学生さんたちが診察を見学することについては、
最初の問診票に可否を訪ねる欄があり、
わたしたちはもちろん「可」に印をつけました。
三谷幸喜…いえ、眼科の先生も、
わたしが噴火する手前で終わりにしてくれたわけなので…
でも、親身なお医者さんというよりは、
たとえば趣味に夢中の人みたいな感じ…
ちわりが病院でのショックでよろよろしたり、
食べられなくなった経験があることは、
紹介状を書いてくれたY病院からお話してもらっていると思います。
なので、口では「嫌がったらやめるから」とか「無理しないで少しだけ」とか、
むにゅむにゅ言うのが、まったくもう~嘘ばっかり!と、
コノヤロ!な中にも苦笑してしまうところがあって、
あと一枚だけ…が何枚あったことか~
それがシリアスじゃない、なんだかコメディタッチな雰囲気になって、
むしろ救われた面もありました。
また、つい大泣きしてしまい、無防備になっている中で聞いた言葉、
猫と人では見えるということの意味が違う、
あまりかわいそうかわいそうと言うのは違うと思いますよ…
それが心に沁みました。素直に、ああ、そうだろうな~って思った。
ただし!あれ以上ちわりのためではない観察や撮影が長引いて、
ちわりが少しでも嫌がっていたら、
ほんとに機械の一つや二つ、壊していたかも~というのも本心です。
危うく歯車がうまく噛み合ったということかもしれませんね。
そしてその三谷先生、最初のお話では、
泌尿器科の先生が授業中で診察出来ないため、
そちらは日を改めてということだったのですが、
今から来られるか聞いてみましょう、ダメかもしれないけど…
と聞いてくれて、聞いてもらったらOKが出て、
そのまま診てもらえることになったのです。
遠くから来たからその方がいいですよね、午後には予定ないですか?
と聞かれ、ほんとはナオキ、五時までには仕事に行かなければならず、
それには三時には病院を出なければ間に合わず…
でも、わたしは、予定ありません、お願いします!と即答しました。
嫌な胸騒ぎを感じながら後手後手に回った今回、初めて取ったアドバンテージ、
そもそも、この日はナオキの職場に人が足らないため翌週にと言うのを、
ほとんど脅迫みたいに無理強いして早めた来院でした。
来てわかったのが、この日もし来なかったら、
先生たちのスケジュールや、休館日などが入って、
三週間後の診察になってしまっただろうということ。
目はともかく、輸液をストップして食べられないままの三週間後…
今日来て良かったとわたしはもちろん、ナオキも言い、
風向きが変わる…と感じました。絶対今日、受けられるものは全部受けよう…
引きあわせてもらった泌尿器科の先生は、ヌーボーとした小山のような先生で、
まず採血、そして、エコー…エコーの間、ニンゲン二人は待合室へ…
しばらくして呼ばれて行くと、結石の可能性があるかもしれない、
レントゲン撮りましょうと言われ、もちろんお願いします!で、再び待ち、
次に呼ばれて行くと、また新しい先生が増えて、
この際心臓も診てみましょう、時間は大丈夫ですか?
その時すでに三時近くでしたが、即答、大丈夫です、お願いします!
全部結果が出て、もう一度診察室へ入ったのが四時近くでした。
血液の詳しい解析や、腎臓、心臓のエコー、レントゲンなどから、
結石は無い、もしくはごく小さいので気にしなくて良い、
ちわりの腎臓は、片方はかなり悪化していてるけれど、
片方は(悪いなりに)そこまで悪化しているわけではない、
でも腎臓にかかる圧(血圧)は高いので、心臓に問題がある可能性。
しかし、調べると、心臓も、多少壁が厚くなって肥大しているけれど、
すごく悪いというわけではない、
一方、腎臓で取れなかったリンは尿管で再びキャッチされるのですが、
この尿管での働きが悪くなっていて、血液中にリンが多い。
年齢的に、心臓、尿管共、多少石灰化しているのかもしれない。
血液中にリンが多いと食欲がなくなるそうで、
また、ほかにも食欲に関係するホルモンの血液中の数値が高い。
腎不全のステージは3…
わたしが理解した範囲ではそのような診断でした。
そして、それに対して、リンを吸着・排せつする薬、心臓の薬、
そして血圧を下げる薬を使うことになりました。
ただし、血圧を下げれば腎臓の数値が悪くなると思われ、
それに対しては毎日の輸液。定期的な血液検査。
こうやって書くと、読まれた方は、大変だな~と思われるでしょうけれど、
わたしは心がどんどん軽くなって行きました。
だって、もうダメかと思っていたんだもん。
治療(治るわけではないですが)の方針がすっきり決まったこと、
その治療にちわりが耐えられそうなこと(輸液や頻繁な血液検査)、
失明の宣告でわーわー泣いたくせに、今度は希望がわいて涙ぐみ…
風向きは変わった、汚い風は、もと来た穴へ戻って行く。
なんだかヘンな感想だけど、そんなことも思いました。
もちろん、二十歳のちわりは、若い命とは違うでしょう。
今回視力を失ったように、これから様々なことが起こるでしょう。
でも、今は取り戻せた、もう一度だっこして、手放さない。

会計を済ませて、車に戻ったのが四時半過ぎ…
ともかく車飛ばしてナオキは仕事へ(大遅刻で)行きました。
代わってくださったマネージャーさんに感謝…
現在、毎日の薬(粉薬に苦戦してます~)、自宅での輸液も毎日、
三日おきに病院で血液検査、次回はエコーも予定してます。
食欲は、一日リンの吸着剤を使っただけで劇的に好転して、
ドライフードをカリカリたべるようになりました。
K大学病院での2.72kgのあと、体重も少しずつ増え、
3日は2.98kgでした。3kg復帰まであと少し!

b0259218_3153070.jpg

朝、ソファで、

b0259218_3153761.jpg

ぬくぬく~


ぬくぬくにぽちぽち~
ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

ご訪問時のコメントお休みし、黙読で失礼します。ごめん~

☆☆☆

昨日の長くて楽しくない記事に、温かいコメントありがとうございました。
きちんとお返事せず、コメントもせずでごめんなさい。
励まされています。ありがとう~

[PR]
トラックバックURL : http://chiwari2.exblog.jp/tb/21409369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ラッキーパパ at 2013-11-05 07:26 x
こういうことがあったのですね‥‥
回復のきざし!なによりです。
しっかり診てもらって、よかったですね。
Commented by サ・エ・ラ at 2013-11-05 09:49 x
おはようございます。
猫歴は浅いですが、最初のコのときによく似た経験をしたので、
治療方針が決まっていくだけで、心が軽くなって行くお気持ち、とてもよくわかります。
ドンドンドン!と四方に壁が迫ってる状態から、
「あ・・・こっちに細い通路があるじゃん!!」って、見えてきた感じ?
(下手なたとえでごめん・・・)
しかもお薬がきいて、愛するコが楽になったのを見られたら・・・サイコー♪
家長さまには申し訳ないけど、yukiさんの気迫勝ちだったようですね^^
でも、よかった。ちわりくんの、穏やかでヌクヌクな横顔、ありがとう。
Commented by ばぁや at 2013-11-05 09:56 x
輸液はもちろんナオキさんがやってるのかな^^;
レナもボチボチ食べてるよ。

ELLE、やっぱりyukiさんも持ってるのね。
遠い昔のもらい物だったんだけど、正直数回しか使ってない。
だって18金よりプラチナが好きなんだもん…
使い古した物じゃなかったし、でもずっと大切にはしてた物だから
まだ若いチョウさんに使ってもらえたらなと思って^^
Commented by pie at 2013-11-05 13:06 x
ちわりくん光合成中ね〜^^
日光をいっぱい浴びたネコに顔を埋めてクンカクンカするの最高!(笑)
ちわりくん、がんばろうね!yukiさんもね!
応援してるよ〜
Commented at 2013-11-05 14:07
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-05 15:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-11-05 15:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by もちゅみ at 2013-11-05 15:35 x
そっか~毎日輸液もやって薬も飲んで
ちわりくんがんばってるね
そしてyukiさんも
だからこそ~体重も少しずつ増えて
食欲も戻ってきたんですね
日向ぼっこ~目が悪くなってしまったって
ニオイや音、そして空気や風や暖かさ
yukiさんやナオキさんの優しさ
感じて少しでも穏やかに過ごせますように。。。
Commented by papacamera at 2013-11-05 15:37
ネコも精密検査するといろいろ分かるんですね。
必死な思いが届いたんだろうな。
Commented at 2013-11-05 16:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 虎のしっぽ(なりひら) at 2013-11-05 16:32 x
腰椎の圧迫骨折もあって、しばらくぶりに訪問して、ちわり君の病のことを知りました。しかも視力を失ったとは・・
でも病は快方に向かっているようでよかったですね。「4にゃん日記」を訪問した後だっただけに、少し悲しい気持ちになっています。「ちわり君、頑張れ!」
Commented by よっちゃん at 2013-11-05 17:38 x
数日前からの記事を読んで胸が詰まる思いです。
でも人間よりもずっと強い方々ですから・・・
先代の2匹を看取るまでのことが重複して思い出されます。
体重とBUN,CREAの数値の増減で一喜一憂してました。
頑張ってるので頑張れ!とは言いません。
お二人の愛情に包まれているちわりクン、幸せそうです。
Commented by しげりん at 2013-11-05 19:57 x
こうやってしっかりと検査をすると
色んな事がわかって安心出来たりしますよね。
ちわり君の生命力はホントスゴイな~!って感心しております。
毎日の投薬や輸液は大変だと思いますが
ちわり君は耐えられると思うので
yukiさん頑張ってくださいね!
毎日、岩手に向けて元気玉送ってますからね~☆
Commented at 2013-11-05 20:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masako at 2013-11-05 21:05 x
yukiさん、体調は如何かしら。
備忘録、読ませて頂いたけど
緊張感が伝わってきてドキドキ。
ま、でも、ちわり君、よく耐えましたよね!
ほんと、カッチョイイ白黒ちゃんだっ(´ー`)
ナオキさんとの連携も感動します。
自分の身に置き換えて考えたりするんだけど
yukiさんのように対応できるかな、私達。
ちわり君のヌクヌク~な様子、ホッとします(´ー`)
Commented by するる at 2013-11-05 21:44 x
あ〜、よかった!!
泣けたよぉ。

ここに至まで、どんなにか泣いたことでしょう。
yukiさん、よかったですね。
まだまだこれから大変なこともあるでしょうが、
今をしっかり生きてますね。

yukiさんもちわりちゃんに負けないように
ごはん食べてくださいね。
Commented by kchin at 2013-11-05 21:48 x
治療方針が決まり、その効果も出てきてほんっと良かった!
ちわりくんカリカリもぐもぐ食べてくれて嬉しい(*´∀`*)
yukiさんナオキさん頑張って下さい。応援してます(-^〇^-)
Commented at 2013-11-05 21:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 星月きらりん☆ at 2013-11-05 23:35 x
こんばんにゃ♪

治療方針が決まってホッとする、って
ホントに納得で・・・ yukiさんのお気持ちわかる気がしました、
これから、も あるんだけれど
どんな病気で、どんな治療法が・・・って わかるまで
ほんと、ドギマギ 心臓破れちゃいそうだったでしょ?!!

根治、ってことがなくても
精一杯最大限、医学のチカラも獣医さんのチカラも・・・
そして宇宙一の愛情を注ぎながら・・・

元気で頑張って!!  祈りをこめて・・・

☆☆!
by chiwari-yuki-y2 | 2013-11-05 03:26 | | Trackback | Comments(19)