Drive to TOWADA~2013.12.17~

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

11月26日の診察で、数値が悪化していたちわり。
その頃は、後足が動かず、歩くと出しっ放しになった爪が床を擦って、
しーしー言っていました。
苦しそうに呼吸が荒く、水を飲むのが辛そうな時もありました。
そんなちわりに、増量された薬を無理やり飲ませ、
まだ少しは自力で食べられていたごはんも、
思い切って、28日から、療法食の強制給餌へ変えました。
わたしは一歩も外へ出ず、ただちわりのそばにいて、
強く薬の臭いをさせているちわりのそばで、一日中過ごしていました。
そして、

b0259218_3354375.jpg

2013.12.17
四回目の、Drive To TOWADA…K大学付属動物病院へ。
少し、良くなっているような気がしていました。
足を引き摺らなくなり、食事も水もなんとか摂っている…
でも、ともかく診察の前にあれこれ考えてもしかたない。
それより、楽しく行こう。元気に行こう。
天気も良くて、あまり無理せず、
気持ちを明るくしておくことが出来た、この日のドライヴ。
明るく元気に楽しく、

b0259218_3354857.jpg

食べるわけか…

b0259218_3355512.jpg

そうそう。
いただきものです。いただきまーす♪
ナオキが働いている同じビルの中にあるお店のお焼き。
テレビに映っているのは、そのお焼きが紹介されたテレビ。
ビルの中の飲食店を取材したテレビなので、ナオキのお店も、

b0259218_336137.jpg

ナオキも、映っていたりします。
なんとなく、「こだわりの菜食」という雰囲気を漂わせているこのおっさん、
実際にはなんのこだわりもない、肉食です…炭水化物も大好きです…

b0259218_3361374.jpg

残念ながら、ちわりが車の中でごはんを食べることはもうありませんが、
ドライヴの後は食欲が出て、
帰宅後の強制給餌では、いつもよりずっと早く食べ終わります。
このくらいの距離なら翌日以降も疲れた様子無しで、
薬、輸液、強制給餌、病院…たくさんのストレスの中、
車に乗ってお出かけするのが好きなことは大きな救いです。

b0259218_3362119.jpg

血圧を計り、血液・尿検査、腎臓と心臓のエコー撮影。
全体に大きく改善されていました。
前回は、蛸のように口を尖らせてて、わーっと説明したあと、
机に向いたままになってしまったH先生も、
今回は蛸解消で、口数も多く、
途中、ふと、
このまますんなりと帰れるかなぁ…水(胸水)抜くことにならないといいけど…
と、言ったら、ほんとに胸水が溜まっていて抜くことになったりはしましたが、
それも思ったより少なかったとのこと、
心臓のH2先生が最後に、「では、また!」とおっしゃった時、
ああ、「また」がある、またここへ、ドライヴしようね、ちわり…

b0259218_3362917.jpg

暗い駐車場で、一時間近く泣いていた前回…
今日は早く家を出たから診察が終わった後も明るく、
帰りは経費節減のため一般道を、
でも、スキップしたい気分であちこちへ寄り道。
八戸フェリーターミナルへ寄って、

b0259218_3363652.jpg

びゅ~ん♪

b0259218_3364230.jpg

葦毛崎展望台へ(こちらもどうぞ)。
展望台の向こうは、広く青く太平洋が見渡せ、
遊歩道の起終点でもあるようです。
暖かい時季には天然の芝に覆われる種差海岸まで約5km、
今はまだ寒いけれど、季節にはハマナスが咲き乱れるそう…

b0259218_3365659.jpg

わたしにもナオキにもちわりにも、初めての場所でした。

☆☆☆

普段は、検査結果の数値等を具体的に書いていませんが、
もしかして誰かに希望が灯ることがあるかも…
今回は載せておこうと思います。

b0259218_337846.jpg

写っていませんが、11月12日の検査で4.05だったクレアチニンが、
11月26日には9.18に。リンも6.9から11.9へ悪化しています。
12月17日にはクレアチニンが3.53、リンが4.6…
薬を使い、毎日200ccの輸液をして保っている数値、
時間を巻き戻すことは誰にも出来ませんが、
それでも、もう終わり…と思った後に、まだ時間が残されているかもしれない。
少しかもしれないけれど、とても大切な時間が…

b0259218_3371475.jpg

こちらは過去の検査結果…
2009年、16歳の時に、Cre2.81…
初めて腎臓の機能低下を指摘されました。
療法食への変更に苦戦しましたが、
2012年、19歳までは一番悪くて3.03…安定していました。
たしか、療法食に変えない場合の余命が1年未満で、
変えた場合が2年くらい…と言う記述を読んだことがあります(確認していません)。
ヒトが、60歳で亡くなる場合も100歳まで生きる場合もある。
でも、200歳まで生きることはない。
そんなふうに、世界には決まりがあり、ルールがあり、
そこから逃れることは出来ないけれど…
でも、もう少し…出来れば少しじゃなくてもっと、もっと…長く一緒にいたい。
祈ってかなうようなことではない。だけど祈らずにはいられない…

b0259218_3372140.jpg

ついでに。
再診料1,000円、注射料900円、処置料2,000円、画像診断料6,000円、
検査料6,500円、投薬料25,020円、税込み合計43,490円…に、
さぁ~帰ろう!と、病院を出かけた時呼び止められ、
胸水を抜いた検査・処置料請求し忘れたそうで…再び7,350円。
合計はえーっと…50,840円。
た、たいしたことないさ~っ!


もう少し続きます。コメント欄は閉めています。
ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

[PR]
トラックバックURL : http://chiwari2.exblog.jp/tb/21862554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chiwari-yuki-y2 | 2014-01-18 06:34 | | Trackback