小さな口と小さな牙に

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

b0259218_2234366.jpg

指の先の小さなふたつの点は、ちわりのかわいい牙の跡。
ちわりに指でお給仕している時、失敗して作った傷です。
その時少し腫れて、今はもう跡形も無いふたつの点。
吸血鬼の牙の跡みたいにふたつ。
わたしの指くらいの、小さな小さな吸血鬼ですね。
ちわりの口は、こんなに小さな口なのだ…と、
とても不思議な気持ちになる。
とても小さいちわり。

b0259218_2235954.jpg

小さなちわりの小さな上唇に、傷が出来て、赤くなっています。
薬を飲ませる時か、強制給餌の時、作ってしまったのかもしれません。
ごめんね。

体重が激減しています…
ご機嫌はむしろ良くて、体調も特に悪くなさそうなのに、
そして強制給餌の量はむしろ増やしているのに、
いったんは3.14kgまで戻したのに!
減っていく体重を、止めることが出来ません。
今は、最悪だった時の2.74kgにも届きません。
その時、後足を引き摺っていた、このままでは、また…と焦る気持ち。
普段なら昨日(11日)が、K大病院の診察日なのですが、祝日で病院は休館。
来週まで待てなくて、何か打つ手が無いか、電話で聞いてみました。
いつも丁寧に対応してくれるK大病院。
今回も、わかりやすく説明してくださったのですが、
今打てる手はほとんど無いそうです。
痩せて来るのは、腎臓の数値が悪化している可能性もあるけれど、
今のちわりちゃん(と、おっしゃった)の状態から考えて、
栄養を摂っても吸収が良く出来ず、また、吸収したタンパク質が出て行きやすい、
その両方で、足りるはずのカロリーが足りないのでしょう…と。
それは腎臓のせいというより、高齢だから…
「100歳のおじいさんに大きい人がいないのと同じで…」と言うのを聞いて、
思いやりのある言い方するなぁ…と、思ったとたん、
また涙腺に事故発生、無駄に泣くな、みっともないぞ、自分!
でも、つまり、わたし、何もしてあげられないのね…

何もしてあげられない、メソメソ泣いてるだけのわたし…
とはいえ、最近は涙腺事故多発につき、いくらノロマなわたしでも、
復旧作業の迅速化が進んでいます。
泣くヒマあったら考えろ、自分!
まず、輸液を50cc増やすことになりました。これは先生からの指示。
そして、食べさせる量、食べさせ方についても細かく再考しています。
カロリーアップばかり焦っていたのですが、消化吸収も考え、
また、少しでも気持ち良く食べられるよう…

小さなちわり、小さな口と小さな牙で、一生懸命食べてくれるちわり…
応えて、ママもがんばるからね。
下り坂を上り坂に変えることは出来ない。
でも、ゆっくりと、楽しく歩いて行こうね。
この記事を読んでくれている皆様にも、あらためて宣言致します。
まだまだ、楽しくがんばるもん!


ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

コメント欄は閉めています。
ご訪問時も黙読で失礼します。ごめん!

[PR]
トラックバックURL : http://chiwari2.exblog.jp/tb/22044933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chiwari-yuki-y2 | 2014-02-12 04:31 | | Trackback