東京で生まれ育ち、初対面だった長野県の方に、
え!桜、卒業式とか入学式の時咲いてないんですか?と口走ってしまい、
そんなの関東だけでしょ!どこでも同じじゃないよ!と、きつく言われたことがあります。
桜が咲く時期だけじゃない、日本は小さい国かもしれないけど、多様ですね。素敵。
そして、今は、この北国の、駆け抜けて行く春がとても好きです。
どこもかしこも、春。

b0259218_01441891.jpg

川原を歩けば、

b0259218_01511547.jpg

春を歌う花たち。
って、生協へ買物に行っただけなのですが。
一緒に歌いたくなる。

我が家の玄関先にも、

b0259218_01541244.jpg

フキノトウ。
玄関先などという場所に生えるものなのか!と、毎年改めて驚きます。

b0259218_01571637.jpg

生協から帰って、窓の外を見ているしょかの向こうには、

b0259218_01585351.jpg

知らない内に、ちわり家ナチュラル・エコロジカル・ロハスガーデンの桜が咲いていました。

b0259218_01595515.jpg

この家は、元々ナオキ祖父が持っていた敷地に建てました。
ガーデニング、花木に興味のない我々、
敷地内の木は全て抜いてくださいとお願いしていたのですが、
この桜の木だけ、そのまま残っていました。
担当してくださっていたハウスメーカーのMさんは、すかさず、
あ~!棟梁、桜の木は残しておいてくれたんですねっ!と、おっしゃいましたが、
もしかして、お隣との境界にある塀の下まで根が張っているため、
抜けなかったのかもな~と、想像しています。
でも、おかげで、毎年、身近に感じる春…
我が家にふさわしい、ちょっとしょぼい、ちらほらとしか咲かない桜だけど、
ああ、今年もちゃんと咲いている…と、思う一瞬、温かく日が射すような気持ちになる…

b0259218_02125401.jpg

コーヒーを淹れ、お花見で買った残りのお餅と、生協で買って来たヨーグルト…
家長ナオキ様は、花に興味のないオトコなのに花につきまとわれていまして、
いや、つまり杉花粉ですが…ヨーグルトって効くのかしら。
そもそも、今から食べても遅いような…
そんな春の一日。


とりとめない小さな春にもポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 


☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
黒ネコさん、お腹はすっかり大丈夫です~
「信じたい」…だけど、ほんとのことを知りたいです。
でも、今は、「ある」と、感じていて、それでいいかな…と思っています。
やらいちょうさん、全てに意味があるように思う時があり、
全てが無意味で無関係に思う時もあり、
わたしなどが頭で考えてわかることではないのだろう…と、思います。
知りたいけど…いつか知ることができたら…と。
ラッキーパパさん、虹の橋で待っている…
虹じゃなくて、近所の橋まで来てくれればいいのにな…
のんママさん、すご~くわかります…
鍵コメさん、嬉しいです…迎えに行きますから!
くーさん、こちらも、咲いてから寒く、足踏み、満開の予想の日がずれているそうです。
咲いてからだと、長く楽しめて嬉しいですが♪
peko_tinさん、縁とか必然ってありますよね。偶然が積み重なる、それも奇跡のひとつかな~と…
とよこ様と!畏れ多いです(笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-04-24 02:29 | しょか家/外 | Trackback | Comments(7)

ナオキ、今日は少し遅い出勤だったので、猫もニンゲンたちも少しだけ遅く起き、
後は細かい用事や、様子をみたい場所など、歩き回ったお昼過ぎ、

b0259218_00254450.jpg

このあたりは、かつて住んでいた、そして、ちわりと出会った町。
当時、マンションの敷地内に駐車場が無く(抽選にはずれたのさ~)、
少し離れた駐車場から帰ってくるナオキに、子猫だったちわりがついて来たのでした。

b0259218_00490414.jpg

お、猫がいるぜ!

いや、キミも猫ですが。

ちわりが亡くなった後、この場所で、白黒の猫を見ました。
もふもふした長毛の猫さんで、ちわりとは似ていない、
逆に、ちわりに似た白黒の子猫も、ここで見かけていたのに、
そのもふもふさんを見た時、初めて、
案外、ちわりと血がつながっていたりして…などと思いました。
子猫でやって来たちわりに、直系の子孫はいないけれど、
たとえば兄弟猫、母違い、父違い、そのまた子猫、その兄弟…
外で暮らす猫たちが、ちわりと同じ、21年を生きるのは難しいでしょう。
でも、つながって、続いて行く、
その中に、病気で亡くなる子猫、若くして事故で命を落とす猫、老いて無残に死ぬ猫、
たくさんの猫たちを内に抱いて続いて行く、ちわりも。
血のつながりなど、どうでも良いのです。
ただ、そんな不思議な、素敵なことが、平然と普通にあるこの世界なのだな、と…
魂とか、生まれ変わりってあるのだろうか。
あの体は、もう無い。
毛皮を着替えて…などと言うけれど、そんな表側の話じゃない。
脳だって、同じ物は無いのだから。
だけど、この世界には、たくさんの奇跡が降り注いでいる…と、思いました。
ちわりと出会った日も、ごく普通の一日だった、
それが長い、大きなしあわせの始まりだと、その時は知らなかった。
それもひとつの奇跡、誰にでも、どこででも、何度でも、奇跡はある。
そして同時に、魂や生まれ変わりがあるかどうかは、
わたしなどが頭で考えてわかることではないのだ…と、思いました。
その問いは、大事に畳んで、心の中にしまっておけばいい。

それでも、やはり、この場所を歩く度、ふと切なく、
思い出しているわたしに、会えないの?と問い詰めたくなるわたしに、

b0259218_01172315.jpg

桜…

b0259218_01195152.jpg

桜だよ。

まだ、市内の桜名所は三分咲き、五分咲きだった今日、

b0259218_01213375.jpg

満開だね。

咲き誇る桜を、しょかが教えてくれました

b0259218_01224382.jpg

ほんとは、たぶん、子供の声に反応したのでしょうけどね。
小さな公園で、小学生くらいの子供たちが、
コーラだ、お菓子だと言いながら、お花見していました。

b0259218_05101901.jpg

しょかには桜を教えてもらいましたが、いきなり立ち止まった家長様には、
「しらす弁当だって!」と、教えていただきました。
写真を撮られても、メニューを見つめ続ける家長様…
「ふっくら釜揚げ瀬戸内しらす弁当」と「20品目の彩り弁当」を買って帰り、

b0259218_01260036.jpg

お昼ごはん。

b0259218_01291729.jpg

楽しかったね。

うん。


春の町にポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 


☆☆☆

前記事にコメントありがとうございました。
水沢公園のお花見食堂、すごく雰囲気がいいのです。
外の桜はあまり見ている人いないのだけど、食堂は地元の方で大賑わい、
楽しくなって、つい食べ過ぎました…(←言い訳)
黒ネコさん、たしかに、しょかはそれほど食いしん坊じゃありません。
ニンゲンたち、しょかに管理してもらった方がいいですね。とほほ。
ラッキーパパさん、気持ちいいくらい食べる…いや、気持ち悪くなるくらい食べました(泣)
やらいちょうさん、暴飲暴食でお腹を壊す…小学生じゃあるまいし~です(泣)
くーさん、え!鹿児島、そんなに遅いのですか。噴火の影響?
しょかは適量のカリカリで元気なのに、ニンゲンたちと来たら…(恥)
サ・エ・ラさん、ヨンカップくらいはたいしたことないけど…食べ過ぎた~
家長様は「たかがカツ丼とラーメンくらいで」と、悲しげに言っておりました。それもどうかと…
あねっこさん、小さい公園なのですが、のどかでいい感じ。
そして、お花見食堂、ぜひ!とっても良い雰囲気なんです。
peko_tinさん、ちわりといい、しょかといい、車好き、そして一緒にいたがりなんですね。
わおんは、病院へ行く間の車中でも、声が枯れるほど鳴いていたけど…
トコちゃんはお散歩ですね♪
ギョンさん、関東の友人も、暑いとか夏日とか言っていました。
>お腹がびっくり…優しいコメントありがとう(泣)ただの暴飲暴食だけど(泣泣)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-04-23 01:52 | しょか家/外 | Trackback | Comments(7)