カテゴリ:外の子よその子( 7 )

入道崎の猫(4)

b0259218_00274313.jpg

一軒だけ開いていたお土産物屋さんも、
最後の観光バスが行ってしまうとシャッターを閉め、
わたしは、

b0259218_00591576.jpg


b0259218_00594973.jpg

猫たちと一緒に、

b0259218_00275897.jpg

沈む夕陽を見ました。


入道崎の猫たちにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村 人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
ラッキーパパさん、グルーミングが終わって、いい気分なんでしょうね。
体は小さいけど、勝気そうなおんにゃのこでした。
やらいちょうさん、冬は寒いですよ~人のいない、吹雪の海は美しいですが…
鍵コメ at 2017-05-23 10:10さん、楽しいお知らせありがとう~
鍵コメat 2017-05-23 12:55さん、かなり長い間、このかっこうで座ってましたよ~
思う存分ぺろぺろした後だからか、なんだか顔がドヤ顔ですよね(笑)
peko_tinさん、この日がすごく気持ち良い日だったから…もありますけど、
どの猫さんも、ゆったりのんびりして楽しそうでした。
冬は寒さ厳しい場所なので、今、いっぱい太陽を浴びて、元気に暮らしてほしいです。
ギョンさん、思う存分グルーミングして、「これでOKにゃん」気分なんでしょうね~
タワシ、そうそう!どっちが猫でどっちがタワシだか(笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-05-24 01:41 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(9)

入道崎の猫(3)

b0259218_01075310.jpg

せっせとグルーミングしていた、小柄な茶縞ちゃん。
思う存分ぺろぺろしてすっきり。
満足そうに顔を上げ、海に向く。
傾いて行く陽射し。


ぺろぺろ茶縞ちゃんにぽちぽち♪
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村 人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
doronko-tonchanさん、わたしも、引っ越して来るまで、宮沢賢治と遠野物語くらいしか知りませんでした。
あと、小岩井農場(←お歳暮のCMで)。
ファイターズ、昔は東京でしたよね~
ラッキーパパさん、この日が、すごく気持ちの良い日だったのもありますね。
車がスピード出すような道ではなく、何かあれば逃げ込める場所もたくさんあるから…
でも、それにしても無警戒ですよね(笑)
やらいちょうさん、寝息立てて、本気で寝てましたよ~
冬は寒さ厳しいところなので、今の時季が一番ですね。たくさん体力蓄えてほしいです。
manaさん、タワシと色が似てるんだもんね~(笑)タワシ型にほどよく丸まってるし♪
peko_tinさん、風が気持ち良くて、ニンゲンもうとうとしそうな午後でしたから。
それにしても、すーぴー、そこで本気寝するか~(笑)
大きなタワシと小さなタワシみたいですよね。ぷぷぷ。
そうだった!56さんも小柄ですよね。オキ説崩れましたね(笑)
もちゅみさん、冬は厳しい場所ですけど、この時季は過ごしやすいです。
あまり観光客が多すぎないのも、猫たちにとっては住みやすいかも(苦笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-05-23 01:45 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(6)

入道崎の猫(2)

灯台と海に面して並ぶ、食堂兼お土産物屋さんの裏手では、
お店の人が歩き、話し声がする中、

b0259218_00113278.jpg

すーぴー寝息を立て、本気寝中の茶色い子。

b0259218_00113957.jpg

すーぴー…


タワシ色のすーぴーちゃんにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村 人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、知り合い猫たちなので、バトルは無いです。
この後、寄って行って鼻ちゅんしてました。
ラッキーパパさん、冬は寒さ厳しい場所です…今が一番気持ち良い時かも。
manaさん、三毛親子は、灯台荘というお土産・お食事店の猫さんです(捨てられていたそう)。
他の子は飼い猫ではなく、外猫、ノラ猫さんですね。
peko_tinさん、気候の良い時季、天気が良ければ、きっと会えます。またおいで~
しょかも興奮しますよ!もらすほどではないですが…
ちっこ、スプレー用に取っておくからもらせないのだ(違)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-05-22 01:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(6)

入道崎の猫(1)

b0259218_01511993.jpg

GWには、たくさんの人で賑わっていた夕陽の海(記事こちら☆)、
今日は人影もまばら、その代わり…

b0259218_01510715.jpg

猫たちが、のんびりくつろいでいました。
灯台荘のミイちゃんとチョコちゃん。
ふたりが見つめているのは、

b0259218_01511485.jpg

好奇心キラキラ、寄って来たグレ猫ちゃん。

続きます。


三毛母娘&グレちゃんにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村 人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事、一昨日の記事、その前日の記事に、コメントありがとうございました。
ラッキーパパさん、ラッキーくんとお散歩した道、色々思い出おありでしょうね。
WAKU、文中リンクしたつもりでしてなかった~(汗)
セリオンの売り場にも、自家製酵母って書いてありました。
ナオキは、誰もいなくても、どっちにしろ何でもおいしい人かもですが(笑)
やらいちょうさん、より鮮明になる記憶…そうですね。でも、全部くっきり覚えていたくて…
膝の上に乗られているナオキも、うとうとしてました(苦笑)
しょかがいると、カップ麺もおいしい♪
manaさん、ほんとに素敵な青空で、風が涼しくて、気持ちのいい一日でした。
東京出身なので、こちらの激しい寒暖の差に、最初は中々慣れなくて…朝晩は、上着必要です~
ナオキ、あんな顔して(笑)、中身はけっこう短気です。
もちゅみさん、しょかはとっても暑がりなので、今くらいの気候が一番いいかも♪
わたしもナオキも野菜好きですが、現在、食生活がやや乱れてますね(汗)気を付けなきゃ。
のんママさん、あ!子供(中学生くらい)の頃、江の島行って、トンビがゴミ箱に急降下したの見ました…
京都の鴨川で、食べ物取られている人も見たし…けっこう怖いですよね!
peko_tinさん、トコちゃんのスリング姿、楽しみです。旅行記も~
>体験したことは記憶の奥底にずっと残っていて
そうかもしれない。きっとそうですね。忘れていても、消えてしまうのではない…ですね、きっと。
サエラさん、>しょかくんの内心は分かりませんが
ぶはは!ナオキ、いつも、チューしよう~などと迫っては逃げられてますから~しょかの内心は…(笑)
黒ネコさん、ほんと、安上がりです。たはは…
お大事にしてください。治って、更新なさるの待ってます♪
ギョンさん、そもそも食い意地ヤロウ+いつもつれないしょかがちょっと優しかった→いい笑顔(笑)
あねっこさん、今、産直などで、クレソン、た~くさん売ってますよね~
大好きなんです。いただいたなんて羨ましい~
鍵コメさん、まだ3歳ですもんね、ナオキよりちょっと若い(笑)
でも、「上から」になるのは時間の問題って感じですね~(笑笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-05-21 02:24 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(4)

宮古報告(15)

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

b0259218_1593952.jpg

2012.10.25

b0259218_159446.jpg

コスモスの向こうのテントは、

b0259218_1594845.jpg

帆立養殖用のテントです。その少し先に、

b0259218_1595397.jpg

白猫ねねちゃん。家は二階を残して半壊、津波の被害にあいました。
ねねちゃんは津波にさらわれ、もうダメかと思われた四日後に、家へ帰って来た猫さんです。
帰って来た時には脚は毛皮が剥けてしまったような状態で、食べることも出来ず、
病院でも治るには長くかかるだろうと言われたそうですが、
幸い短い期間で元気になり、後遺症などもまったく残りませんでした。
そして避難所へ移った後も、お父さんが夜は半壊の家へ泊まり込み、
ねねちゃん他、全部で三匹の猫たちの、お世話をしていらっしゃいました。

b0259218_20074.jpg

こちらは、まりあちゃん。そして…

b0259218_2051.jpg

チビ三毛あらため、ゆめちゃん。
ねねちゃんのお家の子になりました。
わたしは外猫が不幸だとは思わないけれど(そして幸せだとも思わないけれど)、
やはり嬉しいです。
きっかけはゆめちゃんの怪我、お母さんは「ハクビシンが最近出るらしいから」
と、言っていましたが、何か動物に襲われたようです。

b0259218_201051.jpg

お母さんのシロちゃん。(シロちゃんの記事こちら
こうやってごはんをもらいに来ますが、
ゆめちゃんに対してのお母さん役は終わっているようで…
「ゆめは寄って行くのだけど、シロはシャー!って威嚇するんですよ」
と、お母さんから聞いているわたしの目の前で、ゆめちゃんに「シャーッ!」…とほほ。
でも、もしシロちゃんがゆめちゃんをかわいがって子育てしていたら、
今、お家の中にゆめちゃんは入っていなかったでしょう。
びっくりするほど精緻なパズルみたいに、未来は作られて行くもの、
ニンゲンに見えることなどほんの少しなのだ…と思います。

b0259218_201418.jpg

シロちゃんは、ごはんは食べに来るのですが、
入り口の扉を閉めるとパニックになってしまうそうです。
犬小屋のような、小さな小屋も作ってもらっているのですが、
そこへはほとんど入らず、山の方へ帰って行きます。

b0259218_201952.jpg

ハクビシンがいる山、こんなところなのに案外交通量の多い道路、
これからは寒さ厳しく、猫嫌いな人もいる、病気、怪我…
飼い猫のように長生きすることは難しいでしょう。
でも、だからシロちゃんが不幸だとは、わたしには思えません。
わたしは、TNRだけして行く、もしくはそれがメインの団体・個人に反対です。
そもそも外猫は不幸な命!外猫0!…などという考え方はおかしい。
猫たちはみんな、それぞれの道を歩いている、ニンゲンと対等な動物、
科学(医学)が進み、日本が豊かになったからと言って、
わたしたちが賢く立派になったというわけじゃない。
ニンゲンの浅知恵で何してもいいということにはならないと思います。
場所により、事情により、バカなくせに力ばかりあるニンゲンのせいで、
増えすぎて「猫たちにとって」(ヒトにとって迷惑だから、ではなく!)、
そのままじゃ暮らすのが難しい時、難しくなりそうな時、
避妊・去勢は考えなければならないことだと思いますが、
それはその猫一匹一匹に向き合っている人がすること、
仕事にしているような団体・個人がして良いことではないはず。
「宮古報告」なのに、宮古じゃない話、ですが、
自分たちの「活動場所」で一段落ついた、さ~て、今度はどこでやる!?
と、ターゲット探し、外猫はニンゲンの所有者がいないというだけで、
やりがい求めるオバチャン・ネーチャンに、やりたい放題されなきゃいけないですか…
と、思うことがあり、心配していて…気持ちも文章も少し乱れてます…
ちわりブログを読んでくれている人は、一日せいぜい二~三百人、
それに、きっとちわりや猫たちの写真で和みたいと思っているでしょう。
わたしもにっこりさせたい。それが励みで毎日チマチマ更新しています。
でも、今日の記事を読んでくれたなら、もう一度考えてみてほしいです。
「活動家」たちがブルトーザー並みの力を振るえるのは、お金を集めているからです。
一人であればその人一人の器量の中のこと、
でも、あなたが、お金という力を委託することで、力はどんどん大きくなります。
力をそこに託すなら、その団体・個人のやり方に賛成なのかどうか、
どうぞ良く考え、確かめてからにしてください。
「猫好きだから~猫ちゃんのためのボランティア団体に寄付しました~」
と、安易にした寄付が、数か月前のゆめちゃんを、
二十年前のちわりを、殺すことになりませんか。
たとえば、子猫がお腹にいる場合、その子猫を殺してでも外猫減らす方が大事…
という団体はたくさんあります。賛成ですか?
猫嫌いな人から請け負って、TNRする団体もあると聞いています。賛成ですか?
世話はせず、知り合いでさえない猫を、避妊・去勢だけ腕まくりしてする団体に、
あなたは賛成なのですか?
寄付するなら、何匹の猫を集めて来て、何匹死なせたかも聞くべきです。
「外猫は状態が悪いから」…そんなの関係ありません。数字で聞いてください。
「命に関わってわたしが一番辛い…」じょーだんでしょ。辛いのは殺された猫です。
「愛護」の言葉、「ボランティア」の言葉を丸呑みせず、
どうぞ確かめてから寄付してください。心からお願いします。

b0259218_202449.jpg

ねね家の猫さんになったゆめちゃんは、この外へはもう出ません。
それでいい、それも幸せの一つ。

b0259218_202845.jpg

山へ帰って行くシロちゃん。
ゆめちゃんの後にも、妊娠したようなのですが、
子猫を連れて来ることはなく、多分育たなかったのでしょう。
まるでマニュアルがあるのかと思うほど、「子猫はカラスに生きながら食べられる」
と、書かれていることよくありますが、その通り、カラスもトンビも、ハクビシンもいる。
捕食されない「幸せな動物」はニンゲンだけ、
そして生きているだけでは喜べない「不幸な動物」も、きっとニンゲンだけでしょう。

b0259218_21997.jpg

基礎だけが残った家の跡。
建て直すとお聞きしていたのにご病人などが出てそのまま…というお家もあり、
避難所暮らしの間に体調を崩された方、病院へ通えなくなった方もいらっしゃいます。
それでも生きて、暮らして、猫も人も続いていく。
そこに幸せがあると、わたしはごくシンプルに思っています。


ゆめちゃん幸せだね~ポチッと♪…なんて記事には出来なかった。ごめん。
ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

宮古報告(ちわりくんのありふれた毎日)→こちらから。
宮古報告(ちわりくんのありふれた毎日II)→こちらからどうぞ。

☆☆☆

火曜日~木曜日はご訪問をお休みしています。
いただいたコメントへのお返事もお休み中です…ごめんなさい。

☆☆☆

新しい家族を探している福島の親子猫さん、詳細は、
HAPPY~11にゃんと1わんの暮らし
にこちんのブログ
でご覧ください。

本文で書いた通り、寄付は免罪符じゃない、むしろ責任を負うことだと思います。
その上で。にこちんさんにキャットフード少々、託しました。
自分では行けないので、わたしの分も福島へ持って行ってもらいました。
今後も、ほんの少しずつだけど、チビチビ持って行ってもらうつもりです。
にこちんのブログ←読んでみてください。
福島の猫たちへ、少なくても今のところ、
ただ純粋な気持ちでごはん届けてくれると思っています。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2012-11-19 05:38 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(20)

宮古報告(14)

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

広島の里親詐欺事件(記事はこちら)、犯人逮捕されたのですね。
和香ママさんの記事で知りました。こちらです。
書くとまた腹立ってくるので一言だけ。
「厳罰に処して欲しいです。」

☆☆☆

最初に悲しいお知らせがあります。

b0259218_6365439.jpg

しまチビ、こんなに大きくなってもうチビじゃないね、チョビ髭のチョビだ…
と、笑わせてくれたチビ・チョビちゃん。交通事故で亡くなりました。
かわいがってくれていたお母さんが、偶然見つけ、土に帰してくれました。
ここ、日立浜でも、交通事故にあう猫は多いです。
いつもいる所とは、少し離れた場所で倒れていたというチョビちゃん、
縄張りを広げていたのか、メス猫を探していたのか、
もう立派な若い成猫だったから、オス同士の縄張り争いにも、メス争奪戦にも、
きっとブイブイ参加して…そして実ったかな…どうだったかな…
生まれて生きて、少し早すぎるけど帰って行ったチョビちゃん、冥福を祈ります。
(写真既出2011.10.12撮影)

チョビちゃんが亡くなったというお話を聞いたのが六月の終わり頃、
そして↓は先週訪ねた時の写真、今度は、

b0259218_637017.jpg

嬉しいお知らせ。ニューフェイスです。
(2012.09.05撮影)

b0259218_63758.jpg

この子も「チビ」と呼ばれています。たしかに今はチビだけど~

b0259218_6371040.jpg

とても活発で人懐こい子猫、
ご近所には、猫好きな方ばかりが住んでいるわけではありませんが、
この子はその人懐こさで、皆さんにかわいがられているとのこと。

b0259218_6371582.jpg

今まで子猫を連れて来たことがなかったという、シロちゃんの子です。
(写真既出(記事はこちら)2011.06.29撮影)
今、2~3ヶ月くらいでしょうか、山の方で産み、しばらくして連れて来るようになり、
最近では昼間お家へ預けて夜迎えに来るのだそうです。
この日も暗くなった頃シロちゃんがやって来て、
子猫と一緒に、どこかへ帰って行きました。

浜でも嬉しいニュース。

b0259218_6371922.jpg

皆さんの笑顔、そして時には猫さんが、そこで子育てもした帆立養殖小屋(右上写真)、

b0259218_6372461.jpg

津波の後、
(2011.03.29撮影)

b0259218_6372887.jpg

取り壊されて整地されていましたが、
(2011.09.07撮影)

b0259218_6373347.jpg

仮の小屋、帆立テントが出来ています。
撮影は9月5日、でも、もうずいぶん前に出来ていました。

b0259218_6373885.jpg

猫たちをお世話していらっしゃるお母さん。
駐車場の横で何をなさっているのかな~と思ったら、ミニトマト収穫中でした。
赤く実が生るように、日立浜の人に猫に、実りがありますよう…


ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

☆☆☆

宮古報告(ちわりくんのありふれた毎日)→こちらから。
宮古報告(ちわりくんのありふれた毎日II)→こちらからどうぞ。

☆☆☆

月曜日~水曜日はご訪問をお休みしています。
いただいたコメントへのお返事もお休み中です…ごめんなさい。

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
たしかに番組を見て、必要としている場所に必要なお金が行っていない、
何でこうなるんだ!とわたしも思いましたし、
隣で見ていたナオキなど、アドレナリン沸々(たはは…)でした。
でも、そういうこと以前に、「被災した方々は、まだまだ暮らしを立て直せない」
ということを強く感じました。一年半やそこらで、何とかなんて出来ないですよね。
だから…皆さんは今も募金していますか?少しずつ忘れていませんか?
距離的に近く、度々宮古へ行っているわたしでも、
被災した人の、生活の苦しさはピンとこなくて、少しずつ忘れている。
大きなお金、政治の力も大事、きちんとした使い方をして欲しいけれど、
わたしや皆さん、一人一人も、長く寄り添う気持ちが大切ではないでしょうか。
そして、寄り添うとか気持ちと言うのは口じゃなくて、
金だろ、金!…と考える、現実的な40代後半オババのわたしです。

また、番組でやっていた、税金の使い方の話と、義捐金はまた別です。
きちんとしたところへ託した義捐金は、各被災者へきちんと配分されるはずです。
わたしもポストカードを買ってくれた皆さんから、ご支援のお金をお預かりするわけですが、
宮古市という自治体へ、被災者へ直接配分する義捐金として募金しています。
この先はわたしの考えですが、募金は、なるべく直接ストレートがいいと考えました。
つまり、自治体へ…かつ、被災者へ直接回る義捐金が良いと。
(義捐金の他に自治体自体への寄付というのもあります。)
テレビ、政党、赤十字も通す必要は無い、
なるべく被災者へ直結して、そしてピンハネのおそれが無いように。

ついでに…
ポストカードは、お金を直接集めると同時に、
忘れずにいてもらうこと、ありふれた普通の町の普通の暮らしがあったこと、
きっとまたそんな暮らしが作られると…そう思って作りました。
なので、カードはいらないのでその分募金してくださいと、
(ご好意で)おっしゃってくださった方が何人かいらっしゃったのですが、
その場合は、直接自治体に募金してくださるよう、お願いしました。
…写真いらないって言われるのもけっこう寂しいしさーもらってね。

たくさん集まった義捐金の配分が少ないのは、被害の範囲が広いからです。
北海道奥尻で地震があった時と、阪神・淡路大震災の時、
阪神大震災の方がずっと義捐金は集まりましたが、配分はずっとずっと少なかったはずです。
今回の東日本大震災は、それ以上の広い範囲に被害が及んでいるのですから、
一見多く見える義捐金も、決して足りているわけではないのだと思います。
募金しましょう!

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2012-09-13 08:17 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(14)

にゃんぽ

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

b0259218_444594.jpg

まだ薔薇が花咲いていた六月の終わり頃。

b0259218_4441416.jpg

落ちているのではありません。咲いてます。

b0259218_4442092.jpg

いくつかの用事を全部終わらせて、初夏の町をのんびり歩く。
相変わらずつま先の破れたスニーカー、
でも雨じゃないし、雪でもないし。

b0259218_4442651.jpg

わんこいます。

b0259218_4443252.jpg

タヌキもいます。オンナもいます。

b0259218_4443846.jpg

用事の途中、時間待ちしていると、30代半ばくらいの女性が三人、
端的に言うと、共通の知り合いA子さんは安物のくせに売り方が上手、
自分はオトコマエで損をしている…という話題で盛り上がっていた。
もちろん、自分で自分をオトコマエと言うのではなく、
それぞれ相手に言ってあげるわけです。そのための友達なのだから。
未婚の女性たちらしい。三人ともおしゃれできれいだったけど、
売り方が上手下手とかオトコに頼れないタイプなのとか、
ケチなこと言うな~…って思ってしまう。
そして友達同士の中でさえ、「素敵なわたし」のアピール…
自分磨き、って書くだけでもちょっと恥ずかしいけど、
よく磨いて市場に出して、高値がついたら嬉しいものなのだろうか。
市場に並べない、負け組なわたしだからわからないのか。
もしかしたら単に、わたしの向上心が無いってことなのか。
聞くともなく聞いている内、少し滑稽で少し寂しいような気持ちになる。

b0259218_4444450.jpg

にゃんこもいます。
猫の写真を撮っていると、「具合が悪いんですか?」と聞かれたり、
「わっ!びっくりした。こんなとこで何寝てるの」と言われたりする。
野良猫なんて撮らないでうちの犬を撮りなさいよ、と言われて、
あれよあれよという間に、知らない家に連れていかれたこともある。
甲斐犬という、希少で貴重な犬なのだそうです。…と言われても。
猫を撮っていなくて、カメラ持って線路で立ち止まっただけで、
いきなり拡声器から「ちょっと待ちなさーい」と呼び止められ、
おまわりさんに住所氏名等聞かれたこともあります。
この日はごく平和に、向いのお店の人がにこにこ、
チビちゃん、写真撮ってもらってるの~いいね~
全然小さくない「チビ」ちゃんとか、シロクマみたいな「ミルク」とかって、
なんとなく嬉しくなる。昔は小さな赤ちゃんだったんだね、と思う。

b0259218_444506.jpg

蔵を使ったカフェで。
先客は60代くらいの女性が二人。
片方の女性が独特の甘えるようなねっちりした話し方で、
延々と話ている。ゆるゆる回るレコードのよう…
今はもう辞めている元の職場、工場だろうか、そこの元同僚らしい。
わたしはしゃべっていたら仕事進まないから…うんうん、
Aは結局一度ももらえなかったの、でもDはなくてだいたいBで…うん、
××さんは要領がいいから、○○さんは退職金もあるし…うんうん、
あとね、あそこの家はね、わたし近所だから知ってるけどね…うん、
大きな声ではないけど、多分、声をひそめるという習慣がないのですね、
同じ大きさの、同じ調子の声で、ねっちりと続く話し声、
うるさいとか嫌だとかでは全然なくて、
でも、窓から入る涼しい風を受けながらBGMのように聞いていると、
やはり少し滑稽で、少し寂しいような気持ちになる。
わたしもその内、あんなふうになるのかな~とぼんやり思う。
もう、わたしの持ち時間は半分以上過ぎてしまい、
今までの時間よりこれからの時間が短いのは確実だ。
どこでどうなるかなど誰にもわからないことだけど、
一番穏やかで緩やかな将来を想像したとして、
いずれ体のあちこちが悪くなり、修理を重ねても限界が来て、
ほどほどの分相応な医療を受けて、痛かったり怖かったりしながら、
この世界から消えて行くんだな~と思う。
そしてそうなる前のひととき、体の快適とお金の安心だけに興味が絞られ、
だんだん自分が縮んでいくようなら寂しいな~と思う。
でも、そんなものだろうとも思う、そう思うともっと寂しい。
冷たいグラスが気持ち良くて、置いたままになっていた自分の手が、
もうあなたは若くありませんと宣告している。
若い時だって「白魚のような指」だったことは一度もないけど、
こんなふうに節くれ立って、がさがさして、血管が浮き出たりはしていなかった。
でも、だから「年齢を感じさせる手や首をお手入れしましょう」とか、
「アンチエイジング」とか「いつまでも若く健康で」には惹かれない。
欲しいのはそこじゃない。ではどこ?と聞かれたら答えられないけど。

b0259218_4445671.jpg

風が気持ち良くて、BGM付き2時間近くのカフェタイム。
外に出るとやっぱり薔薇が咲いている。帰ろ。

b0259218_44524.jpg

帰り道にもにゃんこ。何見ているの?

b0259218_445745.jpg

ニンゲン。


わんこもいるよ。怖くない?

b0259218_4451232.jpg

まさか~


猫が好きなのね~を二度くらい、猫派なんだ~を三度ほど繰り返して、
通り過ぎて行った散歩のおばさんとわんこ。
わたしも自分の家へ、家に着くほんの少し手前にあるリンゴ林に、
最近、近所で見かけるチャトラくん発見、
わ~なんて素敵な締めくくり!と思ってシャッターを押したら、
エラー表示のまま動かなくなり…電池がなくなっていたのでした。

b0259218_4452154.jpg

最後の一枚。素敵な締めくくりっ!チャトラくん、心眼で見えるかもね。


にゃんぽにポチッと。長々読んでいただいてありがとう~
ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

月曜日~水曜日はご訪問をお休みしています。
いただいたコメントへのお返事もお休み中です…ごめんなさい。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2012-07-15 08:13 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(10)