カテゴリ:外の子よその子( 27 )

灯台猫たち2017.12.01

朝、灯台のある岬へ行くと、

b0259218_23173998.jpg

縞子猫。先週会えなかったから、1ヶ月以上会っていませんでした。
大きくなったね!仕草も、すっかりオトナの猫さん。

b0259218_23174741.jpg

ちび茶トラちゃん。
タイヤで爪とぎガリガリ…
お世話してくださっているおじさんのトラックです~
恩をガリガリで返す、さすが、猫♪
おじさんも、全然気にせず。
ちょっと口が悪いけど、明るい温かい笑顔のおじさんなのだ。

b0259218_23175466.jpg

お店は閉まっていましたが、おじさん、軽トラでびゅ~ん!とやって来て、
ごはんを、どさどさどさ。全員、勢揃い。
子猫たちと、その母猫と姉妹猫、グレくん、グレ母さん、
ボスくんと、その息子の、ちょっと太目なオトコの子。

b0259218_23180376.jpg

ボスくんは、近くのお店の「かあちゃんの(軽トラおじさん談)」猫で、
「じゃまになったから捨てた(同上)!」とのこと、以前書きました。
片口だから、どんな事情があるのかわからない、
ただ、そういうことは、あちこちであるのだろうと思います。
そして、そういう時、無責任だと責めるより、
次のお家を見つけるシステムがあればいいのにな~と、思います。
だっこしたり、撫でたり、病気の心配したり、大切に思った自分の子を、
捨ててしまう、そして、捨てたその子を見ながら暮らす、
そういう気持ちは、やはり、わたしにはわからないです。
我が家は、家が競売にかかりそうになったことがあります。
でも、ちわりやわおんと、離れる選択肢は全くなかった、
最悪の場合でも、ちわおんとは一緒にいられる、それは決まっている、
だから、その他の不安など、ささいなことに思えるくらいでした。
でも、そうじゃない場合もあるのでしょう。
ニンゲンの家族だって、仲良しあり、仲悪いのあり、ほどほどもあり…
猫と人との関係もそれぞれ、
猫からも、「このニンゲンが大好き…」な場合あり、
それほどでない場合も、たぶん、ある…
「飼いたくない」ニンゲンに、しぶしぶ一緒に暮らされることが、
猫にとってベストだとは思えないです。
嫌々「飼われる」より、他のお家の方がいい場合、きっと多い。
そして、猫を捨てる人は、もう愛情がないからこそ捨てるのだから、
手間をかけてまで、次の家を見つけてくれる可能性は低い、
理由の如何を問わず、責めず、説教せず、
簡単に、次へ移れる仕組みがあったらいいのに…と、思うのです。

b0259218_23181034.jpg

きっと、人と暮らしたことがあるからかな、
ボスくんは、人に対しても、賢い、優しい猫さんです。

b0259218_23181732.jpg

ごはんのあとのぺろぺろ~
満足気に、せっせと顔洗っている縞子猫ちゃん。

b0259218_23182413.jpg

一緒にぺろぺろして、

b0259218_23182939.jpg

縞子猫がお水を飲むと、ちびトラちゃんも真似っこ…

b0259218_23183880.jpg

ついでにこっちもぺろぺろ。

b0259218_23185282.jpg

おじさんにいただいてしまいました。
猫たちの他に、我々までごちそう様です~
黒もずくと、トギ(骨)ナシはたはた寿司←クリック、ポン酒だな♪


ポン酒にポチッと…ち、違った、灯台猫たちにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
モノクロ加工の話、加工しなくても、十分モノクロ感あるのですが、

b0259218_00544326.jpg

向かって左が元写真、右がモノクロ処理済。
左上の写真、車のガラスを通して撮っているため、
グリーンというかシアンというか、色がちょっと好きじゃなくて、
それでモノクロにしました。自己満足の世界~
山の雪景色は、どっちがどっちだかわからないモノクロぶりですね。たはは…
mackworldさん、ほんと、墨絵みたいな風景になります。
>(暖かい部屋で見るぶんには)←うぷぷ…腰が引けてますね(笑)
ラッキーパパさん、きっと、良い御縁があります。
やらいちょうさん、返って、色を想像しますものね。
あねっこさん、ありがとう~雪景色、きれいですよね。寒いの苦手だけど、雪景色は好き♪
にゃあもさん、毎日、「かわいい」「かっこいい」って言われてますから(たはは)…
きゃふぁにこさん、>賢そうなオーラがあるわよね◎←そうでしょ、そうでしょ!
manaさん、えへへ…どさくさに紛れて親馬鹿発言投下(笑)
鍵コメさん、お気遣いなくです~ありがとうございます。
ballade0001さん、しょか、視線の先には海が♪
2枚目、わたしもどっちがどっちかわからなくなりました(笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-12-04 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(9)

縞子猫や茶トラ子猫たちの、父親だと思われる、ボスくん。
ごはんをもらう時は、おんにゃのこや子猫のあとからゆっくりと、
ケンカの強さは未知数だけど、ゆったり、堂々とした、立派なボス猫くんです。
そんなボスくんの身繕いを、

b0259218_23593524.jpg

グレ猫さんが、かいがいしく手伝っていました。

b0259218_23594241.jpg

よしよし、ありがと…という感じのボスくんに、

b0259218_23594931.jpg

ぴったり寄り添って、

b0259218_23595727.jpg

安心しきって眠る姿は、見ているニンゲンの心もキュンとさせる…

b0259218_00000479.jpg

ボスくんを信頼している、慕っている、そばにいれば寛げる…
そして、また、まるで母猫に甘えているようにも見える、グレ猫さんでした。

b0259218_00001044.jpg

こんなふうに仲良くするのにゃね~と、茶トラ子猫も学習中。

仲良く暮らす猫たち、慕われているボスくん、
でも、そもそもは、あるお店の「母ちゃん」(軽トラおじさん談)が、
「飼い猫」だったボスくんを、「邪魔になっだがらすてたっ!」(同上)、
そして、子猫が生まれて、増えた…というお話を聞きました。
片方からの口だから、実際のところ、どんな理由があったのかわかりません。
でも、この狭い地域で、自分がかつてかわいがった猫が、
他の人からごはんをもらって飢えをしのぎ、寒さ暑さをやり過ごして生きている…
それを見ながら暮らせる人もいるわけですね。
また、猫を怒鳴っていた、おばさんのこと…
特定の猫を激しく嫌う人の遠因には、たいてい人間関係がある…
ただ迷惑だ、困った…というのでなく、ぷるぷるこぶし振るわせて怒鳴る、
それは、猫を通して、人間に怒鳴っている場合が多い…と、あらためて思いました。
全部、よくあること、そこら中に転がっていること、でも、やはり、ため息出てしまう。
だけど、ため息は枝葉です。
一番大事なのは、それでも、猫たちが、生きて行く、
自然が作る大きなルールに従って、しっかり生きて行く…
そこだろっ!…と、思います。


そこだ!ポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
ラッキーパパさん、時間に沿って記事にしてないから、わかりにくいですよね~あるある♪
やらいちょうさん、冬の間に、会えなくなる猫さんいるだろうな…と、思います。
milk--loveさん、試練がたくさん…そして、か弱いですよね。
か弱いのは、しょかも、ミルクちゃんも、わたしたちニンゲンも、だな~とも思います。
きゃふぁにこさん、そうなの、台風だ、雨だ、風だ…で、気になってしまう。
見守っていらっしゃる方がいるし、片っ端から連れて帰ることはできないのだから…
と思いつつ、どうしてるかな?と、気になってしまいます。
にゃあもさん、そういえば、茶トラ→大きいオトコの子なイメージが…この子はおんにゃのこ♪
鍵コメat 2017-10-22 13:48さん、鍵コメさんが、「久しぶりに見て応援した」そのお友達は、
わたしにとってもお友達です。
わたし自身、その方のランキングの応援してます…けど、そのお友達、今、名前出すのは…
わたしは、自分の子を亡くしているので…具合悪い時の焦燥や不安、他人事でも辛いです。
お友達なら、その方を、今、巻き込むべきじゃないと思いますよ。
鍵コメさんが、誰を応援しようと、鍵コメさんの自由ですよ。気にしなくて大丈夫。
悪魔とか、蛇とか言われても、どなたのことか、ちょっとわからないです…猫ブログの人?
わたしのことも、キ印とか、悪霊が操作して以前1位だったとか、書いていらっしゃいましたものね。
他の方も、鍵コメさんに、嫌がらせなどしていないのでは?
わざわざ、鍵コメさんに、嫌がらせする理由ないですものね。
それを、鍵コメさん御自身も、ほんとはわかっていると、わたしは思っているのですが…
何にせよ、最初はびっくりしたり、腹が立ったり、気味悪く思ったけど、
今、鍵コメさんに対し、わたしは反感も持ってません。
言わずにいられないなら、キ印でも悪霊でも、書いてかまわないですよ。
ただ、書かれるわたしの不愉快より、鍵コメさんの方が辛そうに見えます。
わ~っと、汚い言葉で罵って、その時は一瞬気が晴れても、あとから辛いのでは…
鍵コメさんが、落ち着いて、楽しくブログできるようになるといいですね。
club_yume_ututuさん、ありゃ、ランキングの応援までしてくださってたんですか。
夢さん、参加なさっていないのに、お手数かけてすみません。ありがとうです。
>祈るばかり←ほんとにそうですね。そして、それは、猫に対してだけじゃないな~と思います。
ほとんどのことについて、「祈るばかり」しかできないな…と。
manaさん、暑いのも辛いだろうけど、寒さは生死に関わるものね。
やりがいは、たしかに。ありがとう~
鍵コメat 2017-10-22 18:06さん、ありがとうございます。少しほっとしました。
のんママさん、会えなくなる猫さんが出て来るんですよね。
だけど、それでも、見ていたいな~と、思います。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-23 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(6)

b0259218_00441930.jpg

凛々しく、大きくなって行く兄の縞子猫と、

b0259218_00442753.jpg

今も幼い雰囲気の、妹茶トラ。

b0259218_00443463.jpg

仲良しのふたり、毛繕いしあったり、転げまわって遊んだり、
今の元気な体と、過ごしやすい季節が、そのままずっと続けばいいのにと思う。
そして、もうひとり、同じような茶トラ子猫がいた、そのことも忘れない。
生き延びられなかった兄弟猫。
ごはんをくれる人がいて、雨風をしのげる場所がそれなりにある、
それでも、外で生きていくのは簡単なことじゃない。
いや、生きることそのものが、簡単ではない…のかもしれませんね。
当然の顔して、今、生きている、わたしも、あなたも。
子猫たちも。

最初の冬が近づいています。


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、最低気温は一桁前半、灯台近くの方は雪の話をなさっていました。
ラッキーパパさん、翌朝ですよん。前日は秋田港まで。灯台にはたどり着いてないのです~
あねっこさん、それが一番ですけどね…難しい。しょかも落ちると思いますね~
manaさん、わたしは「見守る」とは言えないですね。「見ている」だけかな。
海陽さんというお店の方が、皆さんでかわいがっていらっしゃいます。
それでも、事故もあるし、これからの寒さを思うと…
出勤と帰宅、今までより早くて遅いくらいだよ~買い出しもあるしね。セルフブラックです~
鍵コメさん、ありがとうです。
ギョンさん、大きくなって行くのを見るのは嬉しいのだけど、
一方から見ると、無傷の体に、色々なダメージが起こって来る…という面も感じてしまう…
どの猫にも、「最初の冬」と「最後の冬」があるんだな…とかね。
だけど、それは猫でなくても、みんなそうなのよね。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-22 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(10)

b0259218_01022720.jpg

凛々しくなって行く、縞子猫。

b0259218_01032914.jpg

すでに冬を感じさせる、冷たい風の中。


オトナになって行く縞子猫にポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、がんばります!…って、ナオキがですけどっ♪
ラッキーパパさん、のんびりしすぎて明るい内に着かなかった~
あねっこさん、はい、海と猫さんでリフレッシュ。
しょか、何を見ていたんだろう…風かな♪
鍵コメさん、ありがとうです。わかっていても、しょかは少し不満みたいです。
manaさん、かわいくない、全然かわいくないよっ!
毎週木曜日と、第二水曜日が定休です~
にゃあもさん、活力の素…に、なるといいのですが~(苦笑)静かな夕暮れでした。

「しょかinゆちおか」にもコメントありがとうございました。
こちら☆の文末にお返事書きました。
「しょかくんのありふれた一日…の、擬音・朝編♪」にもコメントありがとうございました。
こちら☆の文末にお返事書きました。
お返事、遅くなってごめんなさい。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-21 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(7)

夕暮れミイちゃん

b0259218_00324538.jpg

海と空と、灯台荘のミイちゃんと。
今日は、あの灯台も雨だったはず…どうしているかな…


ミイちゃんにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、やらいちょうさんは、きちんと整頓していそうなイメージです~
ラッキーパパさん、え~!?パパさん、ほんとに、ママさん任せなんですね。
…でも、実は、わたしも市民カードって何なのか、よくわかってないです(笑)
座長さん、気分一新で晴れ晴れ←晴れ晴れにはほど遠い、バタバタかげんなのです~(泣)
manaさん、実は、わたしも「あれない、これない」なヒトなのです。
そして、ナオキは普段、鬼の首でも取ったように、
「どこ探した?探したとこ探してやるから(きちんと探せていないからの意味)」って笑うんです。
でも、散らかり方と整理整頓の下手さは、わたしを上回りますねっ!
にゃあもさん、わたしのせいになどしたら、後が怖すぎますから(笑)
ヒカリさん、パスケース、あって良かったね。
>いろいろ思い出せないことが増えてます(;^ω^) ←それ、ほんと。ほんとにそれ!(泣)
あねっこさん、>すごい食器がたくさんですね!!
人がたくさん集まるお家だったのと、母上が食器好きだったからですね。
わたしにとっても懐かしいお皿がいくつもありました…
鍵コメさん、そうなんです。ありがとうです~
ギョンさん、おっと~奥さんが管理しているお家、多いですね。
一人暮らしの時は(遠い昔だけど)、物を持たない方だったのに、
今は、いるのかいらないのか、わからないようなものがいっぱい…リセットしないとな~
…無心した小銭を、後生大事にしまってたのね、わたし(笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-12 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(7)

灯台猫たち2017.10.06

びゅ~ん!と車飛ばして…あ、いえ、安全運転でっ…
灯台猫たちのいる入道崎。

b0259218_23291349.jpg

茶トラ子猫も、子猫のしましまちゃんも、元気でした。
独特な毛並のグレイ猫さん、ボスの息子と思われる茶トラくん、

b0259218_23292062.jpg

グレイさんの箱入りグレ息子くん。
その他、ボスくんも、子猫たちの母猫も、その姉妹である茶縞ちゃんも、
それから白っぽいおんにゃのこも、
こちらで会ったことのある全員と、会えました。

b0259218_23292458.jpg

だんだん顔つきもしっかりして来て、

b0259218_23293088.jpg

凛々しい表情に…

b0259218_23293766.jpg

まだまだ体は小さいけど、仕草は、いっぱし♪

b0259218_23294510.jpg

立派なオトナになってほしい、でも、少し切ないな…

b0259218_23295535.jpg

子猫の時を逃せば、お家猫になるチャンスはぐっと減るでしょう…

暑くも寒くもない、今が一番良い季節かもしれません。
子猫たちの行動範囲も、ずいぶん広がっているようでした。
それは、元気に育っている証拠で、嬉しいことなのですが…

この日は連休だったせいか、いつも開いてないお店も開いていました。
この路地は、お店が立ち並ぶ、その裏口に面しているのですが、
裏口から出て来た、ばば…いえ、女性が、猫を見て「増えてるっ!」
しっしと追い払うくらいなら、驚かないけど、とんでもない大声で、
「ごぅらあっ!」と、猫を睨み付けて仁王立ち…
猫を嫌いな人はたくさんいるし、追い払っていけないとは全然思わない。
昔だったら、水かけて追い払うおじさんとか、普通にいましたものね。
でも、敷地内ではないのです。
道路を通ろうとした猫に、すごい形相で、ぷるぷる震えながら怒鳴ってた…
猫が嫌いとか、迷惑とかはわかるけど、異常に高ぶった憎み方をする人は、
その人自身の中に問題を抱えている場合が多い…と、わたしは思います。
猫好きのわたしが言うのはヘンですが、たかが、猫です。
怯えて固まってしまっている猫を、いつまでも鬼気迫る形相で睨む中高年女性…
そして、わたしやナオキがそこにいる、人目があるのも憚らず、
客商売している人なのに自制できない…
たとえば、「ハゲ」って言うだけなら、ひどいこと言うなぁ…で済む、
でも、その言い方次第では、人格を疑われる。
そのくらい、ヒステリックでした。入道崎の豊田議員…
そのあと、車でびゅ~ん!と、出て行きましたが、
その運転も、「さもありなん…」という猛々しさ…腹が立つより、気味悪かったです…
怒鳴りつけられたお母さん猫は、その場から引き返して、
かわいがってくれているお店の裏口へ戻ったのですが、
子猫たちと、茶縞ちゃんはお店の表側に当たる駐車場へ…

b0259218_00035208.jpg

それも、なぜか、その豊田議員もどき女性のお店の前の島で遊ぶ~
なぜかと言うと、たぶん、おそらく、推測ですが、
この島、各お店の前にあるのですが、

b0259218_00035902.jpg

豊田議員もどきさんのお店以外は、草が刈ってあるのです。
閉まっているお店の前の島も、草は刈ってあり、
このお店の島だけが草ぼうぼうなため、
猫たちにとっては楽しい場所になってしまっているのだと思います。
豊田もどきさんが帰って来たらどうしよう、猫たち、ここにいない方がいいのに…
と、ハラハラしつつ、手出しして良いか悩んでいると、
かわいがっていらっしゃる、海陽←クリックさんの、いつもの軽トラおじさんが、
ひょいっと猫たち掴み上げ、「こっち来たらダメだっ」と、路地へぽんぽん投げ返し、
猫たちはそのまま、海陽さんの裏へと帰って行きました。
なんだか、つい、笑ってしまった…

お付き合いの長い方は、覚えていらっしゃるかもしれません、
ちわり家、しょっつる男鹿焼きそば←クリックのファンで、加盟店で食べ比べしています。
現在、ちわり家、ちょっと忙しく、食べて帰る時間はないけど、
入道崎では、ミイちゃん、チョコちゃんのいる灯台荘ですでに食べたので、
もう一軒のお店でテイクアウトして帰ろう…と、言っていました。
でも、そのお店が、豊田もどきさんのお店だったので、もちろんやめて、

b0259218_00040472.jpg

なまはげメロンソフト←クリック食べました。
凍らせたメロンが、粒状に入ってしゃりしゃり、おいしいの。
バックに、ぼやけて、白い車と、青い人影が見えると思います。
こちらは、デイケア施設の方々らしく、職員さんが数名、
このテーブル使わせてもらえないかな、お願いしてみようか…
と、相談しながら、海陽さんへ歩いて行き、
「お弁当食べたいので場所だけ貸してもらえませんか」と、頼むと、
軽トラのおじさん、みなまで言わせず、「いぃよっ!」

それから、茶縞ちゃんは、ピーピーなくので、ピーちゃんと呼ばれているそうです。
そのピーちゃん、鼠取りにかかってしまった…とのこと、
海陽の女性スタッフさん二人がかりで、小麦粉まぶして、オリーブオイルで取って、
それでも取れないから、ハサミでちょきちょき切ったの、
やっと伸びて来たけど、だからちょっと今、トラ刈りなのよ~
と、笑っていらっしゃいました。


ヒスより笑顔にポチッと!
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、ただ一緒にいるだけでしあわせ♪
あねっこさん、だっこしているわたしもしあわせ~
club_yume_ututuさん、>…かな、‥と思いたい・(号泣
ひゃはははは!なんですか、その弱気な否定は(笑)
危ないですよ~奴隷にならないタイプのニンゲン・オスは、
他人事だから、そんな否定しないので~す♪
「ナオキさん優しいですね」で終わり。
自分に引き付けて考える、しかも、やたら弱気な否定…危険です(爆)
manaさん、しょかもしあわせ、だっこしているわたしはもっとしあわせ…
皆さんで飲みに(食事に)行ってらっしゃいましたね。
飲まれるなら、注ぎ合いそうだけど…違うのね(汗)
にゃあもさん、ナオキは「男同士だから違う付き合い方なんだ!」と、
負け惜しみ言いながら、しょかに引っかかれたり齧られたりしてます~
ギョンさん、それ、あるある。買い物に行って、お店に着いたけど、
気持ち良く眠っているの起こしたくないから、わたし待ってる…とか。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-09 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(8)

灯台猫たち2017.09.22

灯台と海から一本離れた路地へ。

b0259218_22335420.jpg

茶トラ子猫、元気にしていました。
前回、怪我をしていたので(こちら☆)、心配だったのですが、
ほぼ治ったみたいですね。
お顔もきれいになっていたし、どこか不自由そうにしている様子もなく、
しっぽだけは、曲がってしまったけどね…
かわいがっていらっしゃるお店の、スタッフのおば…いえ、おねえさま方が、
子猫、大きくなったわよ~…と。

b0259218_22342486.jpg

まだまだ小さいけど、

b0259218_22350089.jpg

まだまだまだ甘えっこだけど、

b0259218_22353097.jpg

おっぱい~…と、お母さんにねだれば、

b0259218_22360000.jpg

もう大きいんだから、ダメダメ!と、追い払われるくらいに、
しっかり大きくなっています。
早く親兄弟から引き離すと、問題行動が多くなるそう、
一方、まだ柔軟で、色々なことに馴染みやすい子猫、
ニンゲンが家族として暮らすなら、今くらいが一番すんなり行くと思うのですが。

b0259218_02390018.jpg
(2017.07.28撮影・既出)

最近見かけなかった彼女、
二軒先のお店の裏で、そのお店のスタッフさんたちと談笑していました。
ヘンな言い方ですが、ほんとそんな感じ、立ち話の輪に入っているみたいでした。
子猫がいなくなった時、捨てられたのだと聞いて心配したけれど、
そして、集落はお店をやっている方だけではなく、
色々クレームもあり、餌をやるなと言う人もいるそうですが、
とんでもない意地悪は行われていない…と、今回はっきり思いました。

b0259218_23065750.jpg

だけど、この茶トラ子猫は、人と暮らすのが合ってるな~と、
そう思う気持ちも強いです。
穏やかな性格で、生き延びた運の強さも持っている…
もし、誰か、一緒に暮らしたいという方がいれば…と、思います。

b0259218_22363089.jpg

んにゃ?


カメラのレンズが作る光の水玉を見つけて、

b0259218_22580364.jpg

えいっ…


猫パンチ炸裂♪でも、

b0259218_22591383.jpg

…ない。

b0259218_23010063.jpg

消えたにゃ…不思議…


曲がったしっぽは強運の印、一緒に暮らしたい人いませんか~ついでにポチッと…
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、顔の模様と、目の形でこう見えるのですが、実は人懐こい猫さんです♪
あねっこさん、お日様色だしね♪チョコちゃん、ごくおっとりさんなの。見た目とギャップが~(笑)
きゃふぁにこさん、我が家の男の子は、二代続けてこんな感じですね~
あ!でも、走る時にはママ無視です。広げた両手に飛び込む…は、ないな~そこは猫かも(笑)
ソフトクリーム…かなり塩辛かったです。でも、話のタネにイイかと♪
こちらこそ、丁寧に教えていただいて、ありがとうございました。
manaさん、実際はおっとりした、人懐こい猫さんなんですけどね(笑)
灯台荘は、チョコちゃん(と、母親のミイちゃん)をお世話なさっているお店の名ですが、
その灯台荘のある入道崎までは、高速使って3~4時間です。むふふ…遠いでしょ?
鍵コメさん、ほっとしました…そちらへ後で行きますね。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-10-02 03:30 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(4)

海へ行きました。いつもと順番違いますが、まず、灯台猫たち。

b0259218_03353525.jpg

子猫しましまちゃん。

b0259218_03354342.jpg

元気にゃん。にゃにか?

b0259218_03355369.jpg

ぺろぺろ。

b0259218_03360048.jpg

元気にゃん…一応にゃ…ぺろぺろ。


子猫、しましまちゃんと、茶トラ2号に会えました。
ただ、茶トラ2号は、しっぽが曲がっていましたし、少し怪我をしたよう…
近くの方のお話では、「運ばれた」のだろうとのことでした。
(2017.09.17.11:08追記)
「運ばれた」というのは、人間が意図的に「運んだ」のではなく、
猫が乗っているのに気付かず走り、猫が「運ばれる」…だと思います。
(追記ここまで)
このあたりの方は、軽トラをお仕事で使っているようで、
その軽トラの、荷台ではなく、その下の部分に猫が乗って、そのまま走ってしまう…
地名(?)は聞き取れなかったのですが、行き来する場所には、
カーブや、スピードの出る場所もあり、
そこで落ちて怪我をしたのだろうと、おっしゃっていました。

b0259218_03360656.jpg

お母さんと。

b0259218_03423562.jpg

お母さんも少し怪我をしているようですね。
「はじかれた」とおっしゃっていました。
お母さんも一緒に乗っていたのかな…
先週見た時には、怪我に気付きませんでしたが…
茶トラ1号については、「いないよ」と。

b0259218_03504025.jpg

捨てられたり、誰かにどうかされたのでなくて、良かった。
でも、正直に言うと、このあいだ、「捨てられた」と聞いた時より、ショックでした。
ごはんをあげていた、軽トラのおじさんが、
人懐こいから、3匹とも段ボールにザッと入れて捨て(られ)た!とか、
鼠バッタリ(殺鼠剤?)じゃなくて猫バッタリだ!とか、
中々刺激的なお言葉だったので、心配しつつも、
そんなことはたぶんあるまい…という気持ちが大きかったです。
実際、子猫を忌み嫌う人もいるし、捨てに行くくらい、する人いるけれど、
もし、この小さい地域で、そこまでされていたら、
猫たちが、これほど人懐こくはいられないだろう…と思いました。
でも、この場所のことは何も知らない、有り得ないことではない、
もし、そういう場合はどうしたらいいか…と、自問自答しつつ
今度行ったら、案外3匹ともいて、会えるのではないかと思っていました。
おじさん、口が悪い…というか、偽善家の反対、偽悪家だし。
(2017.09.17.08:00追記)
軽トラのおじさんは、猫たちをかわいがっていて、ごはんをあげている方です。
子猫たちの姿が見えないのを心配しておっしゃったことです。
(追記ここまで)
ほんとに誰かが「捨てた」としても、
せいぜい、最初にいた透視船(観光船)乗り場へ戻したくらいだろう、
それなら、母猫が動く範囲で、それほどの問題もない…
誰の悪意もなかったのは、当たりだった…でも、1号にはもう会えないようです。
2号とよく似ていたけど、目も悪くなく活発で、
しましまちゃんはきれいな子だけど、1号はあどけなく、
ニンゲンに好かれる子猫という点では、一番有利に見えました。
そういう子猫が早くいなくなること、多いような気がする…
東日本大震災の時は特に思った、もし、連れて帰っていたら?
今回もやはり思う…連れて帰っていたら?
だけど、できないことをできるように考えたり、
できないならなくしてしまえ~!生まれなければ死なないしっ!…は、違う。

b0259218_03504681.jpg

無事で良かったよ、2号はしっぽ曲がってしまったけど…
びっくりしたでしょう。痛かっただろうね。

b0259218_03505241.jpg

かわいいままではいられないね…
でも、今、キミがそこにいるのは、
きちんとオトナになった、キミの父猫と母猫がいたから。
キミも強いオトナになれ。
そして、もう、車に乗らないでね…


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
ラッキーパパさん、あはは!コメント読んで爆笑してしまいました。
仲良しなのでしょうね~
やらいちょうさん、しょかの手借りるとこうなりますからね~(笑)
manaさん、しっかりお手伝いしております!ありがた迷惑だけど(笑)

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-09-17 04:28 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(5)

お返事に代えて

☆☆☆この記事はお返事です。今日の記事はこちら☆←クリックをどうぞ。☆☆☆

「灯台猫たち2017.09.07」に、コメントありがとうございました。
長いお返事になったので、こちらへ書きました。

b0259218_19322275.jpg

最初に…子猫たちを、誰かが捨てたかどうか、はっきりしているわけではないです。
ずっと以前、違う場所で、××さんが、外猫を保健所へ持って行った…と聞き、
その方に訊ねたら、「そんなことしない、猫なんて触れない!」
と、びっくりされたことがあります。
しかし、一方、また別の場所で、犬をけしかけて、猫を海へ追いつめている人もいました。
↑こういう状況は、強く止めることできますが…
嗜虐性のある人の場合は、すぐ警察に相談ですね。
でも、そうでない場合、ヨソモノの余計な口出しは、無意味を越えてマイナスのことも…
家の庭などに入っているのを追い払う…というのではなく、
わざわざ、猫を捕まえて捨てる、手間かけてまで除く人は、
(1)単純に、すごく迷惑している。
田舎は、開けっ放しの家も多いですし、特にお店をやっていれば、猫に物を盗られるなど。
同時に、昔ながらの動物観で、猫捨てて何が悪い?くらいに思っている。
いきなり、動物だって生きているのです!などと言っても、届かないと思います。
愛護法が~と言って脅すのも無意味かと…
(2)ご近所関係、人間関係の問題が根底にある。
「その場所の猫」を嫌う人とお話すると、「××さんがそもそも捨てた」
なのに、なんで自分が迷惑かけられるんだ!とか、
元から、そのご近所さんに反感を持っていた場合とか、
看板猫がいるお店に対する、微妙な気持ちなどがあったり…
(3)その人御自身に、イライラする理由がある。
…こういうことも多い気がします。
どの場合も、ヨソモノがずかずか入っていって、猫、猫、言えば、
返って逆効果になるだろうな…と思っています。
そりゃ、言いたいことはたくさんある…
子猫を母猫から引き離して、弱って、病気になって、飢えて…
そういう様子を想像できないのか!とか、
少しニンゲンが譲ればいいじゃないか!とか、
家の中で飼ってもらえれば一番いいのだけど、無理ですか?とか、
でも、そういう中で、人も猫も暮らしているわけですよね…
わたしが連れて帰って、全員世話できるなら良いですが、そんなことできない。
片っ端から里親さん見つけるか?
しかし、次から次へ、猫は現れるわけですし、
そうだ!それなら、わたしがお世話できない猫は、生まれなければいいんだわ♪
…では、ブラックジョークです。
今は、この場所の猫が好きになって来ているから、
通って、猫とも人とも、馴染んで行きたいと思います。

それから…少しずれますが、猫が増えすぎるというのなら、
外猫をいじりまわすより、繁殖させて売る方を規制すればいいのに…と、いつも思う。
プラス、捨てた場合の罰則、それから、捨てずにすむ、譲渡のサポートがあればな~と。

hayami23nobo5ruさん、ほんとにね。中々難しく、だから「増え過ぎない」のですが…
やらいちょうさん、おっしゃる通りです…
そして、自分の嫌いな者を排除していたら、自分もしあわせに暮らせなくなる。
ラッキーパパさん、よほどの雨でなければ、しのぐ場所はけっこうあると思います。
ただ、これから寒くなるので…寒さをしのぐのは雨よりずっと厳しいかと…
manaさん、捕獲後、引き取り手がいない場合は…というニュース、見ています。
この場合は、行政が、責任持って引き取り手を探すべきかと…
自分(人間)がした不始末のツケを、猫に支払わせるのはおかしいです…
ギョンさん、都市部はまた、田舎とは違った問題がありますよね…
違ったこじれかたもするようですし…
色々な思惑を排除しないと、都市部の場合特に、妥協点見つけられないかも。
もちゅみさん、田舎ではまだ普通にあるな~と。
わたしは外猫を、お世話しないのに去勢だけすることに反対ですが、
外へ出している飼い猫が子猫を産んで、保健所へ連れて行くと言う方に、
保健所へ連れて行ったらどうなるか、
一生のごはんと安全を約束して、避妊する方がいいです…と力説したら、
「ま~いつもは自分で流しているんだけどねぇ」と答えられ、
それ以上言葉が出なかった…と、いうことがあります(子猫は無事)。
でも、許せないと言ってもどうにもならないですものね。
他人の気持ちや行動を、動かすことは難しいですが、
色々な関わりの中で、自然に動くこともあると思っています。

(9月17日追記)こちら☆をどうぞ。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-09-13 03:29 | 外の子よその子 | Trackback

灯台猫たち2017.09.07

朝起きると、雨が降っていて、
猫たちはどうしているかな、雨を避けられる所はあるけど…
と、思いながら行ってみると、

b0259218_03015827.jpg

涼しくて気持ちいい朝だね~


このくらいの雨は、関係ないのね。
それでも、じっと座っている時は、庇の下などへ入っていました。

b0259218_03021202.jpg

彼女の子猫、今日は3匹とも会えませんでした。
ごはんをあげている、軽トラのおじさんがやって来たので、
子猫いませんね…と、訊いてみると、「捨てられた!」と…
ただし、見ていたわけではなく、推測されているのだと思います。
3匹とも人懐こかったから「段ボールにザッと入れで持っでった!」
と、おじさんは思っていらっしゃるよう。
推測…でも、有り得るな~と、わたしも思います。
あそごとその隣は猫が嫌いだから!…そうですよね、猫嫌いな人はどこでもいるし、
かしゃぐ(ひっかく?)から!…怖いと思う人もいるしね。
ただ、おじさんによると、3匹がいなくなったのは、今朝(9月7日)とのこと、
先週来た時、会えなかった茶トラちゃんたちも、今朝まではいたのですね。
子猫たちは4~5ヶ月くらいかと思います。
段ボールに入れて、海へドボンとされたなら無理だけど、
そして、その可能性がないとは言えないけれど、
他所へ連れて行かれたのなら、生き延びるチャンスはある。

b0259218_03022583.jpg

彼は、

b0259218_03023658.jpg

彼女の息子です。
猫嫌いな人がいても、全ての猫を捨てに行くわけではなく、
この地域の猫と人、人と人の間の、妥協点があるのでしょう。
それは、まだ、通い始めたばかりのわたしには、わからない場所です。
小さな穴ぼこに溜まった水をぺろぺろ。
他にも水はあるのですが、今降った雨水は、
彼ら・彼女らが飲める、一番きれいな水なのかもしれませんね。

b0259218_03024296.jpg

何度も、来ようと思います。
その内、猫も案外かわいいね…とか、
猫は好きじゃないけど、まあ居てもいいや…とか、
そういう風景を見たい。
自分自身が、片っ端から連れて帰ることはできないのだから、
そこで共に暮らしている猫と人に、差し出がましいことはできない、
ただ、猫が暮らせる場所は、とても素敵ですねと…
いや、それもおこがましいですね。
かわいい猫ちゃん見に来ました~って、通いたい。
「まだ来だ!暇だごと!」に、えへへ…と、笑うスタンスで、
ゆっくり時間をかけて、見続けたい。


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、>ジャングル←うぇ~ん!!!
ラッキーパパさん、ノンアル付けますから応募してください。
鍵コメさん、いずこも同じですな~(笑)
にゃあもさん、そうですよ!にゃあもさん、ぜひ~!食べ放題ですよっ!

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-09-11 04:02 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(7)