人気ブログランキング |

にゃんぽ

ポストカード
宮古・日立浜の猫たちの、ポストカードこちら

☆☆☆

b0259218_444594.jpg

まだ薔薇が花咲いていた六月の終わり頃。

b0259218_4441416.jpg

落ちているのではありません。咲いてます。

b0259218_4442092.jpg

いくつかの用事を全部終わらせて、初夏の町をのんびり歩く。
相変わらずつま先の破れたスニーカー、
でも雨じゃないし、雪でもないし。

b0259218_4442651.jpg

わんこいます。

b0259218_4443252.jpg

タヌキもいます。オンナもいます。

b0259218_4443846.jpg

用事の途中、時間待ちしていると、30代半ばくらいの女性が三人、
端的に言うと、共通の知り合いA子さんは安物のくせに売り方が上手、
自分はオトコマエで損をしている…という話題で盛り上がっていた。
もちろん、自分で自分をオトコマエと言うのではなく、
それぞれ相手に言ってあげるわけです。そのための友達なのだから。
未婚の女性たちらしい。三人ともおしゃれできれいだったけど、
売り方が上手下手とかオトコに頼れないタイプなのとか、
ケチなこと言うな~…って思ってしまう。
そして友達同士の中でさえ、「素敵なわたし」のアピール…
自分磨き、って書くだけでもちょっと恥ずかしいけど、
よく磨いて市場に出して、高値がついたら嬉しいものなのだろうか。
市場に並べない、負け組なわたしだからわからないのか。
もしかしたら単に、わたしの向上心が無いってことなのか。
聞くともなく聞いている内、少し滑稽で少し寂しいような気持ちになる。

b0259218_4444450.jpg

にゃんこもいます。
猫の写真を撮っていると、「具合が悪いんですか?」と聞かれたり、
「わっ!びっくりした。こんなとこで何寝てるの」と言われたりする。
野良猫なんて撮らないでうちの犬を撮りなさいよ、と言われて、
あれよあれよという間に、知らない家に連れていかれたこともある。
甲斐犬という、希少で貴重な犬なのだそうです。…と言われても。
猫を撮っていなくて、カメラ持って線路で立ち止まっただけで、
いきなり拡声器から「ちょっと待ちなさーい」と呼び止められ、
おまわりさんに住所氏名等聞かれたこともあります。
この日はごく平和に、向いのお店の人がにこにこ、
チビちゃん、写真撮ってもらってるの~いいね~
全然小さくない「チビ」ちゃんとか、シロクマみたいな「ミルク」とかって、
なんとなく嬉しくなる。昔は小さな赤ちゃんだったんだね、と思う。

b0259218_444506.jpg

蔵を使ったカフェで。
先客は60代くらいの女性が二人。
片方の女性が独特の甘えるようなねっちりした話し方で、
延々と話ている。ゆるゆる回るレコードのよう…
今はもう辞めている元の職場、工場だろうか、そこの元同僚らしい。
わたしはしゃべっていたら仕事進まないから…うんうん、
Aは結局一度ももらえなかったの、でもDはなくてだいたいBで…うん、
××さんは要領がいいから、○○さんは退職金もあるし…うんうん、
あとね、あそこの家はね、わたし近所だから知ってるけどね…うん、
大きな声ではないけど、多分、声をひそめるという習慣がないのですね、
同じ大きさの、同じ調子の声で、ねっちりと続く話し声、
うるさいとか嫌だとかでは全然なくて、
でも、窓から入る涼しい風を受けながらBGMのように聞いていると、
やはり少し滑稽で、少し寂しいような気持ちになる。
わたしもその内、あんなふうになるのかな~とぼんやり思う。
もう、わたしの持ち時間は半分以上過ぎてしまい、
今までの時間よりこれからの時間が短いのは確実だ。
どこでどうなるかなど誰にもわからないことだけど、
一番穏やかで緩やかな将来を想像したとして、
いずれ体のあちこちが悪くなり、修理を重ねても限界が来て、
ほどほどの分相応な医療を受けて、痛かったり怖かったりしながら、
この世界から消えて行くんだな~と思う。
そしてそうなる前のひととき、体の快適とお金の安心だけに興味が絞られ、
だんだん自分が縮んでいくようなら寂しいな~と思う。
でも、そんなものだろうとも思う、そう思うともっと寂しい。
冷たいグラスが気持ち良くて、置いたままになっていた自分の手が、
もうあなたは若くありませんと宣告している。
若い時だって「白魚のような指」だったことは一度もないけど、
こんなふうに節くれ立って、がさがさして、血管が浮き出たりはしていなかった。
でも、だから「年齢を感じさせる手や首をお手入れしましょう」とか、
「アンチエイジング」とか「いつまでも若く健康で」には惹かれない。
欲しいのはそこじゃない。ではどこ?と聞かれたら答えられないけど。

b0259218_4445671.jpg

風が気持ち良くて、BGM付き2時間近くのカフェタイム。
外に出るとやっぱり薔薇が咲いている。帰ろ。

b0259218_44524.jpg

帰り道にもにゃんこ。何見ているの?

b0259218_445745.jpg

ニンゲン。


わんこもいるよ。怖くない?

b0259218_4451232.jpg

まさか~


猫が好きなのね~を二度くらい、猫派なんだ~を三度ほど繰り返して、
通り過ぎて行った散歩のおばさんとわんこ。
わたしも自分の家へ、家に着くほんの少し手前にあるリンゴ林に、
最近、近所で見かけるチャトラくん発見、
わ~なんて素敵な締めくくり!と思ってシャッターを押したら、
エラー表示のまま動かなくなり…電池がなくなっていたのでした。

b0259218_4452154.jpg

最後の一枚。素敵な締めくくりっ!チャトラくん、心眼で見えるかもね。


にゃんぽにポチッと。長々読んでいただいてありがとう~
ランキングに参加しています。お手数かけますが、クリックお願い致します。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

月曜日~水曜日はご訪問をお休みしています。
いただいたコメントへのお返事もお休み中です…ごめんなさい。

トラックバックURL : https://chiwari2.exblog.jp/tb/18608873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by papacamera at 2012-07-15 09:38
無事引っ越しも済んだようでなによりです。
蔵のカフェ、素敵ですね。カメラ持ってるとつい長居してしまいそう。
最後、心眼で見えませんでした。修行が足りないかなぁ~(笑)
Commented by peko-tin at 2012-07-15 11:02 x
yukiさんは、時の流れに抗わず、自然と共に生きている人なんだと思いました。 それは私が目標とする生き方でもありますが、何分欲張りな人間なので、なかなか煩悩を絶つことが出来ないのですよね~(^ ^;)
きっとyukiさんのような自然体の生き方が、心にも体にも一番良いんじゃないかと思うので、私も気負うことなく自分だけの幸せにだけフォーカスして過ごせて行けたらいいな。 つま先が涼しそうな可愛らしいスニーカーにポチ☆☆
Commented by ちゃこのママ at 2012-07-15 14:09 x
薔薇は、自分と他人とを比べることなんかしないで、それぞれの花を限りある時間の中で精いっぱい咲かせることに集中しているから、美しく見えるのでしょうね。

キジちゃん、確かにニンゲンの前でころりんとされたら、わたしもつい「かわいい」と思ってしまいます^^
Commented by もちゅみ at 2012-07-15 14:45 x
今日はなかなかじっくり読ませていただきました
自分磨きをしていたり向上心のある?ような
ことをしていたり
すごいなーとは思っても
根がグータラなせいか私は出来ないな~なんて
思っていたけど
今日のを読んで
それがみんながみんな目指さなくて
いいものなんだなーと思いました
60代の女性の喫茶店の話
思い当たります

なんだか耳が少しだんだん悪くなってきたらしく
声大きいよね?っていう普通の声で
話をします
(外でも)
で、なんだか話の内容もそれっぽいし
その年代になってくると
そういう人多いんだ~って思いました^_^;
Commented at 2012-07-15 21:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by シリウス at 2012-07-15 21:55 x
ネコさんたちの厳しい自然界での「老い」
それでも彼らは最後まで頑張るんですよね。
それに比べ・・・
心配事はしわやシミという人間は、ある意味幸せ?(笑)
ふと周りを見ると90歳で現役漁師さんがいるかと思うと、
10代で首から下が動かなくなった子もいたり・・・
いつか後悔しなくていいように、今を精一杯生きる事
そういう日々を積み重ねてゆきたいです。
PP!!
Commented by kuronekone at 2012-07-15 22:33
なんだか今日は素敵な短編小説をよんだような気分。^^
読み終わって、少し考えてしまった。
もう、私は身体のあちこちが、ガタピシ…別に病気を抱えてる訳じゃないけど、老いは確実にきてます。
まだ、歩けるうちにいっぱい歩いていっぱい猫さんの写真撮って
色んな物を見ていろんな刺激をもらって…
今はそれが楽しくてしかたがないのですにゃ~
Commented by 福にゃんママ at 2012-07-16 00:49 x
ほんとだ、きょうはkuronekoneさんも言ってる言うに、短編小説ですにゃ!
喫茶店での話し声・・聞くともなしに聞いてると・・けっこうおもしろいときもある
人の振り見て我を知る
母の亡くなった年にだんだんちかずくわたし・・・
年が行くって、ふべんなこともおおいけれど、そして周りに荷物も増えるけれど
だからこそわかる 自分らしく生きること。
年齢かさねると・・しがらみはあっても、気持ち的に楽に生きていけるような気もするこのごろでつ。
義父のいる病院にいって、たくさんいる年寄りばっかみると・・・
人間は生きてきたように⇒死んでいくもんだな~っておもうこのごろでもありまつ。
Commented by ばぁや at 2012-07-16 04:09 x
会った事のない友達が普段はこんな道を歩いてるんだ、
こんな風景を目にしてるんだって思うと
今日みたいな写真はとても興味深いね。
今まで以上にちょっとだけまたお近付きになれた気分になってしまう、勝手にね^^;
最後の写真、そのまま載せるのかぃ!Σ\( ̄ー ̄;)オーイッ!!
って思ってしまったよ。

30年前の話。
日本語ってつくづく難しいねゞ(≧m≦●)
Commented by ほんなあほな at 2012-07-16 08:23 x
自分がやりたくてね、色んなモンにチャレンジしたり、頑張るのはいいけど、
他と比較して欲しいが為なのは、ちょっと私とは、考え方が違うかも?
ましてや、売る??どこにやwww

心の眼、今日は祝日だったらしく、
チャトラくんは、浮き出てこなかったわww

PS/「日常」??「ちわりくんは、毎日じゃん~、yukiさん何言ってんの??」って思ったら、
私がリンクのタイトルを間違えてたのね^^;;
ごめんなさい!!!
コピペをしないで、手入力だと、やらかすのよね。直しました!ごめんね~~~
名前
URL
削除用パスワード
by chiwari-yuki-y2 | 2012-07-15 08:13 | 外の子よその子 | Trackback | Comments(10)