人気ブログランキング |

一日中、雨が降ってた。暗くなった今も雨の音がしている。
ちわりはもういないのに、春が来る。
いつも一緒だったのに。
春も夏も、秋も冬も、いつも一緒に見ていた。
それなのに、季節が進んで行くのに、ちわりだけ止まったまま…
乗り換えの駅ではぐれてしまった。つないでいた手を離してしまった。
ちわりをそこに残したまま、どんどん遠くなって行く。
そこは暗くない?寒くない?ひとりで寂しくないの?ついていてあげたいよ。
それとももう、どこにもいない?こんな言葉は無意味?

だらしなく寝込んだりしたくないから、毎朝きちんと起きる。
起きて、コーヒーを飲んで、毎日ナオキのお弁当を作っている。
だけど、もう、目が覚めなければいいのにと思う日もある。
もう会えないなら、全部無かったことにしてください。どこかでずっと眠っていたい…

そんなふうだとペットロスになるよ…とか、子供も作らないで猫ばかり抱いて…とか、
言われるたび、笑って聞いていたけど、
その人たちにわたしの本心がもし覗けたら、きっと絶句したと思う。
ペットも子供もどうでもいい。癒しとか動物も家族だもんね~…とかどうでもいい。
わたしには、ちわりが誰より大事でかけがえない存在でした。
親兄弟より、ナオキより、ちわりに生きていてほしいと思っていた。
わたしの命を分けたかった…ちわりにだけ。

さよならの知らせを聞く度、
いつかわたしとちわりにもそういう日が来る。
そんな日が来ても、病気や死だけが全部じゃない、最後の日だけが特別なのではない、
それまでの毎日がspecial dayだったのだから…と、
人にも言い、自分にも言い聞かせて来た。
だけど楽しかったことなど思い出せない。何も思い出せない。
今はちわりだけが、わたしだけが、苦しくて悲しいとしか思えない。
会いたい。

誰ともお話したくなくてコメント欄を閉めたのに、
メッセージやメール、お手紙、カード…
いただいた言葉を、何度も噛みしめています。
一言お礼だけでもお返事をと思いながら、
書こうとすると苦しくて書けない。ごめんなさい。ありがとう。

最後の日のことも、書けずにいます。
見る人をにっこりさせたくて、ちわりと続けて来たブログなのに、
こんな言葉ばかり撒き散らしてごめんね。

トラックバックURL : https://chiwari2.exblog.jp/tb/22358040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chiwari-yuki-y2 | 2014-03-30 19:01 | Trackback