昨日と今日のこと

b0259218_21521908.jpg

寒暖差は激しいけれど、少しずつ暖かくなっているのは間違いなく、
庭の雪もずいぶん溶けて、お隣の屋根の雪も少なくなりました。
昨日、10日、ちわりの命日には、ナオキが腕を振るい、ちわりが大好きだった…

b0259218_21551880.jpg

…カレーグラタンを…って、違う~
ちわりなら鮪とささみと鰹節でしょっ!なのですが、
明るい内に食事したかったのです。
買物へ行っていると、もしかして遅くなるかもしれない、それを避けたくて、
家にあるもの、すぐできるもので作ってもらいました。
でも、実は、上に乗っている温泉玉子は、ちわりの大好物。
その他、鰹節もお皿に大盤振る舞いだよ。
ニンゲンたちは、マカロニとブロッコリー、マッシュルーム、トマト、
その上にレトルトカレー+チーズ。
4年前の3月10日、薬の副作用で、胃腸の動きが悪くなっていたちわり、
摘便してもらうため、病院へ行きました。
美しく晴れた日で、わたしは、不思議な高揚を感じていました。
入りやすいよう、入口の低い子猫用のトイレを買い、
ちわりの処置が終わるのを待っていました。
その前、大学病院で摘便してもらった時は、そばについていました。
その日、市内の病院で、丁寧にするなら、少し時間を取って…と言われ、
そちらを選んで病院へ預けた。
ずっとソファで寝ていたのに、それだって体は辛かっただろうけれど、
副作用が出てから、いつもトイレの前の床に、伏せている、
少しでも長く、快適にしてあげたい…そう思ったのです。
それでも、4時頃には終わるということだったので、
明るい内に家へ帰ることができる、帰ったら、みんなでゆっくりしよう…
部屋の中は暖かく、お腹もすっきりして、少しは気持ち良く眠れるね…
だけど、病院からの電話は中々来なくて、5時になり、6時になり、
結局、外は真っ暗になってしまいました。
そして、ちわりは、ほとんど足が立たない状態で戻って来ました。
病院が悪いわけではないのです。わたしが選択ミスをした。
最後の一日だと知っていたら、どこへも行かず、ずっと一緒にいたかった。
そして、もし、そうしていたら、最後の一日にならなかったかもしれない…
でも、一方で、この日をちわりが選んだような気もしています。
ブラック勤務でほとんど家にいなかったナオキの、週に一度のお休みの日、
半年という、猫にとっては長い時間を、待ってくれた。
選択ミスを責め続ければ、どんどん遡ってキリがない。
「生まれなければ死ななかったのに」などという馬鹿なことになってしまう。
だから、ただ、ありがとう、と。それが一番なのは本当。
キミの一生に、寄り添えてしあわせです。
でも、3月10日は、一緒にいたかった。明るい部屋で、一緒に過ごしたかったな…
一晩、呆然として、キミを抱いて過ごした。
あの日、夕食は何を食べるつもりだったんだろう。
早く帰って、少しは楽になったキミをソファに寝かせて、
その時だけでも、ほっとしながら、食事をしていたはずだったのに。
やり直しはできないけれど、せめて、その日は、明るい内にゆっくり食事したくて、
まー、カレーでもよし!と、なりました。

b0259218_22372418.jpg

テーブルの後ろに少し写っているお花、

b0259218_22381560.jpg

mowcomaさん←クリックに、いただきました。ありがとう~
そして、明るい内に食事して、8時前に寝て、朝早くに目が覚めてしまった…ので、

b0259218_22340752.jpg

今日、11日も、早い時間にのんびりランチ。

b0259218_22351184.jpg

今日も、温玉付き。
口がないんだから食べるわけないとか、そんなことはわかっているけど、
でも、好物があったら楽しいではないか、いいのだ。

b0259218_22365643.jpg

ナオキは夕方から仕事なので、ノンアルを飲んだのですが、
顔を赤くして、酔った~と、とろんとろんになり、

b0259218_22403267.jpg

タオルケット敷いて、ちょっとだけお昼寝。
買物に行く予定だったけど、わたしもソファで寝てしまいました。
10日に亡くなって、今日一日一緒にいて、明日火葬だった。
10日は美しく晴れていたけれど、火葬の日はちらちらと雪が舞っていた。
その日、あのかわいい体は、永遠に失われてしまったけれど、
わたしは、今もちわりがそばにいると、感じています。
スピリチュアルとか宗教とか超常現象とか興味ない、でも、
ごくシンプルに、ちわりがそばにいることを感じている、
いつか、その答えを見つけられる日が、きっと来るのだろうと、思っています。

今日は、楽しい記事ではないし、独り言ぶつぶつ言っているようなものなので、
ランキングバナーとイイネボタンは外しました。
昨日も外しておくつもりだったのに、うっかりした…
コメント欄も閉めています。

東日本大震災から、7年ですね…
わたしは、あの時、被災した海辺の方々に、
「人って強いんだな」「優しくできるものなんだな」と、教えられました。
マスコミやネットや活字で、わかった気になってはいけないと思う。
同時に、一部分を実際に見たからといって、何がわかるわけでもない、
世界は複雑で多面的なのだということも、教えられた気がします。

[PR]
トラックバックURL : https://chiwari2.exblog.jp/tb/28186264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by chiwari-yuki-y2 | 2018-03-11 23:17 | しょか・お家 | Trackback