人気ブログランキング |

漁港の猫たち2018.07.12/07.13

灯台から、さらに少しだけ北上して、

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13164564.jpg

また会えたね。
ごろん!からの~

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13165022.jpg

ふぁ~


トラ太郎(仮名)大あくび。そして、

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13165673.jpg

お、向こうに、トラ美(仮名)ちゃんもいますね。

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13170176.jpg

ころんと振り返り、トラ美ちゃんは起き上がり、

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13170738.jpg

トラ美ちゃん、どこ行くの~?

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13171372.jpg

ここ。


って、え!?トラ美ちゃんの後ろに、子猫が…しかも、

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13232937.jpg

美形にゃん!

UPした写真は、全て7月13日撮影ですが、
前日12日に訪ねた時、トラ太郎もトラ美ちゃんも、小屋の中にいました。
小雨が降っていたからでしょう。
わたしたちを見つけて、出て来てくれたのですが、
ん?小屋の中にまだ猫さんの気配が…と、窓からそっと覗いてびっくり。
子猫ちゃん、いたのね!トラ美ちゃん、お母さんだったのね!
見た感じだと、3ヶ月くらいでしょうか?
トラ太郎・トラ美ちゃんと、初めて会ったのが5月7日、
その頃は、きっと、とても小さくて、外には出さず、
もちろん、知らないニンゲンなどに見せなかったのでしょうね。
このあとすぐ、子猫は小屋の中に戻って行きました。

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13233604.jpg

というわけで、トラ太郎のころん!をリピート。

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13234110.jpg

ふぁ~もリピート。
最初に戻って、子猫の二度見三度見したまえ。

漁港の猫たち2018.07.12/07.13_b0259218_13234799.jpg

な~んてね!うへへ。

誰かにかわいがられているのは、確かだと思いますが、
どんな暮らしをしているのか、まだ、わたしは知りません。
わたしは、自分の猫たちを外に(ひとりでは)出さない。事故も病気も怖いから。
自由を奪っている代わりに、他の何かをあげられれば…そんな考え方です。
ちわりも、わおんも、しょかも、それでしあわせだと、楽しく暮らしてくれていると、
ひとりひとり、わたしの猫たちについては、思っています。
だけど、自分たちの暮らし方、自分の猫の生き方だけがしあわせだとは思わない。
色々な場所に、色々な人と猫がいて、色々なしあわせの形があると思う。
そして、大切なのは、そのしあわせ、どういう形にしろ、
ニンゲンが手を貸している部分など、ほんの少し。
ニンゲンが猫を作ったわけでも、生かしているわけでも、ない。
そのことは、忘れないでいたいと思っています。


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

お返事、折りたたみました。
左下「お返事」ボタン、クリックして読んでくださいね。




☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、「正しい現実」が何かは、中々わからないですが、ネット等を信じ込むのは良くないな~と。
ポポさん、お世話なさってる方います。…って、前もお返事書いたかもですが、
並んでいるお土産物屋さんの内の一軒の、ご主人とご家族がお世話なさってます。
にゃあもさん、ごはんはもらっているし、寒い時季はハウスも作ってもらっていたけど、交通事故がね…心配。
でも、この子たちの、母猫、父猫が、育ってオトナ猫になったからこそ、この子たちもいるんですもんね。
ラッキーパパさん、ライオンの子殺しは有名だから…猫にもそういうのがあるって、目を引く企画ですね。
テレビだけなら、それほどでもないのでしょうけれど、ネットを通すと、歪みやすい気がします。
また、実際、子殺しはあるだろうと思うのですが、それ、ニンゲンの基準で「残酷!」って言うのは違う気がする。
子猫、まだとても小さくて、ちょっとしたことで消えてしまう存在ですね。
でも、この子たちの母猫も父猫も、その他のオトナ猫たちも「かつての子猫」ですもんね。
manaさん、動物系のネットって、ちょっとな~…ということ、あるように思います。
大昔ですが、保健所で猫が虐待されているというような書き込みがあり、
それに対して、そういう事実はないって、冷静に指摘している書き込みがあったのですが、
そのあとのコメント、しばらく「もしそれが(虐待が)事実ならば」って付け加えただけで、同じようにキーキー言ってる。
「虐待」があってほしいんじゃないの?この人たち…って思いました。
愛護的なやや扇情的な拡散の要望があって、「?」な臭いはするけど、どうしよう…って、迷っていたら、
やはり「?」と思った方が、直接保健所に問い合わせ、そういう事実がないとわかったこともあります。
その方は拡散せず、鍵コメで教えてくれたけれど、確かめず、素直に盛り上がった人たちもいるわけで、
(結果的に)デマを拡散してしまった人いるだろうし、デマだったことも気付かずに終わる…そう言うこともあるな…と。
そういうわたしも、デマを流してしまったことが、はっきりしているだけで1回、流しそうになったのが↑含めて2回…
鍵コメat 2018-07-23 16:36さん、そちらに書きました。
鍵コメat 2018-07-23 19:11さん、ありがとうございますっ!
しげりんさん、>もしかしたらステキな出会いもあるかもだし^^←猫にも人にもしあわせな出会いがね!
人懐こい子がお家に入るとも限らず…縁や運って不思議だなと思います。
極端な話の方が、人目を引いて盛り上がりやすいし、やりやすいこと、叩きやすいもの…なだれ込みやすいですよね。
黒ネコさん、たしかに、理屈じゃない…ということ、たくさんありますね。
純粋な気持ちから始まったものも、時が経つにつれて、色々絡みつく…と言う場合もありますし。
目の前のリアルに、向き合う、そのリアルはひとつじゃない…ということかな~って思います。

by chiwari-yuki-y2 | 2018-07-24 05:00 | 外の子よその子