タグ:しょか・思い出 ( 5 ) タグの人気記事

去年、一昨年、昨日

去年の今頃は何をしていたんだろう…と、写真を見返すと、

b0259218_03561815.jpg

2016.11.29 去年の今日…かわいい顔して、おねんね中。
それなら、一昨年はどうだったのかな?と、遡ったら、

b0259218_03580345.jpg

2015.11.29 お水飲んでいました。

b0259218_03590326.jpg

これは昨日、2017.11.28 お水ぺろぺろ。

b0259218_03585425.jpg

明日も、来年も、その次も…
きっと、こうして一緒に過ごそうね。


ぺろぺろにぽちぽち。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
ballade0001さん、廃屋、魅力的ですけど、実際の問題としては危険ですものね。
我が家の猫は、暑がりで、寒いのには強いようです。若いし、元気いっぱいです♪
やらいちょうさん、>かつてをイメージするのが。←そこですよね。
>自営業は本当に大変だと思います(δ´ω`) ←まあ、身軽な二人(+猫)暮らしですから。えへ。
ラッキーパパさん、それが、パパさんの原風景ですね。
>実家の風景を見ると,なんだか落ち着きます。 ←それでいいのですよね。大切な風景があるしあわせ。
きゃふぁにこさん、秋を惜しんで…というか、未練がましく(笑)
きっと、誰でも、自分の風景があるんですよね。違いの大きい場所で暮らす時、特に感じる…
でも、住めば都、どこでも、機嫌良く暮らせる人がいいなっと思います。
ギョンさん、> スースーする気分だった←すごくわかるよ!その表現…
生まれ育った風景が、自分の基本なんですよね。
わたしだと、江戸川の土手と、真っ赤な夕陽とか、ズックが溶けそうなアスファルトの熱さとか。
manaさん、ナオキ、きっと、仲間だと思われてますね(笑)
盛岡は盆地の気候ですね。知識では知っていたけど、住んでびっくり~
鍵コメさん、お疲れ様です!
にゃあもさん、ほんと、にこにこして、性格の良さそうなわんさんでした。
たしかに、ナオキって、犬みたいな人ですしねぇ(笑)
ヒカリさん、そういうこともありますよね。都市で生まれ育って、都市で暮らすのは疲れる人もいるし。
でも、きっと、ヒカリさんの中に、このきれいな景色は、刷り込まれていると思うな。お人柄の中にもね♪
売上…ありがとう~まあ、ぼちぼちとっ!
サ・エ・ラさん、>私にとっての「海」「山」に当たるものは、「お寺」みたい。
あ~そういうのもあるでしょうね!
わたしも、自然の風景だけじゃなくて、有刺鉄線のある塀とか、植木が並んだ路地とか、
そういうのも全部含めての原風景なんだと思います。
売り上げ目標達成…3回目はいつになるやら(笑)まあ、ぼちぼちねっ♪

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-11-29 04:10 | しょか・お家 | Trackback | Comments(11)

夏の思い出2016

悲しい日々を超えて、

b0259218_13484968.jpg

輝く夏の海。
昨日は二度と戻らない。
今日と同じ明日はない。でも、

b0259218_13580324.jpg

潮風…

b0259218_14062800.jpg

昨日に続く今日を、
明日へ続く今日を、
続く、新しい思い出を、

b0259218_13501123.jpg

大丈夫、しょかが教えてあげるから。

一緒に作って行こうね。

b0259218_13502324.jpg

2016夏。

一緒にお出かけするつもりなど全くなかったのに、
気付くと、当然みたいに、いつも一緒。
理由ははっきりしている、
置いて出かけようとすれば外まで聞こえる声で泣き、
一緒に出かければ楽しそうだから…
しょかに押し切られている…でも、きっと、それでいいのね。
たいてい、猫の方が正しいのだから。
yuki-y、ツイテイキマス…


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-03-22 14:50 | しょか・お出かけ | Trackback | Comments(7)

2014.07.31それから

2014年7月31日午前3時前、ナオキについて家までやって来たしょか…
翌朝は、前夜の雨や風が嘘のよう、良い天気でした。
元気でねと、外へ出してあげればいいのに、
しょかが、全く鳴かず、ケージの外へさえ「出して~」と言わず、
箱にすっぽり収まっているのを見ると、中々思い切りがつきませんでした。
そうだ、きっと、この子は迷子なんだ!
と、その時閃いたのは、もしかしたら言い訳だったかもしれません。
きっと迷子だから、お家に帰してあげよう、
もし見つからなければ、新しいお家を探してもいい…
しょかは、2階の和室で、暮らすことになりました。

b0259218_23362481.jpg

写真を撮って、ポスターとチラシを作って、警察と保健所へ行って、
動物病院にも貼ってもらった、しょかと会った付近のお宅へも配った、
でも、見事に1件の情報も連絡もないのです。
病院の診察券の名前欄に「迷子」ちゃんと書いた、そのまま、
ちわり以外と暮らすことなどありえず、新しいお家を探す気にもなれず…
どんどん時間が過ぎて行きました。
最初、おとなしいねと、ニンゲンたちに感心されたしょかは、
2階へ置いて人が見えなくなると、とたんに大泣き…
外まで聞こえる大声で、泣いて泣いて泣きまくります。
ちわりと過ごした居間に、しょかを入れることはできない。
一方で、しょかに泣かれればもちろんかわいそうで、

b0259218_23363708.jpg

2014.10.25撮影

b0259218_02572861.jpg

2014.12.19撮影

結局わたしは、ほとんどの時間を、2階の和室で過ごす毎日でした。本末転倒ですね。
しょかは、わたしが行けば、すぐ泣き止み、
そそくさと膝の上に乗り、そのままおとなしく寝てしまいます。
降りたらそれをきっかけに行ってしまうと思うのか、頑としてだっこされたまま、
5時間や6時間は普通、10時間そのまま膝の上ということさえありました。
2階の和室では、物を書いたり、パソコンで作業したりは無理、
本を読むのも、しょかに抱きつかれていると面倒で、ぼーっと動画を見るくらい、
何もできない、しょかを抱いているだけの時間が過ぎて行きました。
でも、その当時のわたしは、朝、ダイニングチェアに座り、
気がつくと外が真っ暗、それもすでに日付変わってる、
ああ、10時間以上座りっぱなしか、水も飲まなかったからトイレにも行かないわけか…
というような日がしばしばあったので、何もできないのはどっちにしても同じ、
むしろ、しょかを抱いていれば、しょかの重さ分だけ正気…だったかもしれません。
ちわりが生きていた最後の冬…
何度も何度も、せめてもう一度桜を見せたいと思い、
夏の海風を、秋には秋の香りを、そして、冬にはキミの誕生日が来る…もう一度、もう一度…
けれど、ちわりは、春を迎えることさえできませんでした。
わたしだけに春が来て、夏になり、秋が過ぎ…
ちわりを亡くした最初の冬を乗り越えられたのは、しょかがいたからだと思います。
ぬいぐるみを生きているちわりだと思い込んだり、
道行く人を捕まえて「わたしのちわりの代わりに死んでもらえませんか」と言ったりせず、
なんとか歩いて来られたのは、きっとしょかがいたおかげ。

b0259218_02591166.jpg

2015.11.26撮影

それでも、しょかを家の子にしようと決め、居間へ入れるまで、1年近くかかってしまいました。
迷子はわたしの方ですね。

b0259218_03003359.jpg

2017.03.10撮影

今でも、複雑な気持ちになることがよくあります。
でも、しょかはしょかだけで存在しているのではなく、
ちわりがいたから、しょかにも会えた…と感じています。
続いている、つながっている…

b0259218_03014335.jpg

これは昨日、体は大きくなったけど、相変わらず抱きついて寝ています。


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-03-19 03:57 | しょか・お家 | Trackback | Comments(6)

2014.07.31

2014年7月31日午前2時29分
ナオキから電話がかかって来ました。
当時、今以上にブラック勤務だったナオキ、
寝不足で、何度も事故を起こしたり、パンクしたり、こすったり、
ともかく危なすぎるので、車での通勤禁止中、朝はバスで、帰りは1時間以上かけて徒歩、
7月30日の勤務も、午前11時出勤、翌日午前1時過ぎに店を出て、
31日午前2時29分、「もうすぐ家に着くよ~」に続けて、「猫ちゃんがついて来るんだけど」…
途中、何度も地元猫に追い払われながら、その「猫ちゃん」は、
3kmほど離れた場所から家まで、とうとうついて来てしまいました。
玄関外でごはんをあげ始めてすぐ、ポツポツと降り始めていた雨が、本降りに、
風もびゅうびゅう吹いて、夜中の夕立状態、
わたしは、自分が濡れたくなかったので、「猫ちゃん」を玄関の中へ入れました。
玄関に入って、そのまま廊下へ上がろうとする「猫ちゃん」を慌てて止めて、
玄関の土間でごはんをあげて、全部食べ終わって、お水も飲んで、
…さぁ、これからどうしよう。

b0259218_02122431.jpg

2014.07.31撮影

b0259218_02131033.jpg

2014.07.31撮影

外は夜中の夕立、追い払おうとする地元猫たちもいる、
しかたない、今夜は泊まって行ってね…と、
でも、ちわりのための椅子…ソファ…触れてほしくない…
この部屋全部、ちわり以外に入ってほしくない…
結局、廊下にケージを組み、そこで泊まってもらうことにしました。
ケージの扉を開けると、「猫ちゃん」はさっさとその中へ入り、
トイレ用にナオキが持って来た箱の中へ、
トイレというよりベッドにしそうな箱ね~と、言っているわたしの見ている前で、
すっぽり収まって寝てしまいました。

b0259218_02144563.jpg

2014.07.31撮影

そのまま朝になりました。


まだ少し子供っぽい、最初のしょかにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-03-15 02:36 | しょか・お家 | Trackback | Comments(7)

3年前の浅い春…ちわりが亡くなった時、
きっとこのブログの最後の記事は、わおんのさよなら記事だと思いました。
わおんを可愛がってくれた方、気にしてくれる方もいるから、
最後のお知らせまでは閉じないでおこう、そしてそれ以上の更新は無いだろう…
でも、わおんがほんとに旅立って、気持ちが大きく変わりました。
今でも、吹雪の中で息ができないような、激しい気持ちになるけれど、
ちわりも、わおんも、辛い目に遭っているわけではない…理不尽ではない…
頭でわかっても心がついて行けなかった、
それを、わおんは、あっさり動かして行きました。
いつかわたしも、わおんのように、悠々と老いて死ねればそれも嬉しいし、
ちわりのように、1分1秒でもそばにいて、行かないでと求められるなら、
それを叶えようとするのもしあわせだな…と。
それまでの時間を、普通に、できるだけ楽しく暮らそうと思いました。
つまり、楽しく食べて、飲んで、寝て…え~っと、また食べて飲んで寝て…う。
おミソもブログくらい再開しよう…

休止中、ネットって難しいと思うことがありました。
ネットの中は、広いようで狭く、狭いようで広い…
会ったことのない誰かのことを、身近に感じるのはネットならではですね。
ちわりが体調を崩した時、たくさんの方からいただいた、
有形無形の励ましと慰めを、わたしはきっと忘れません。
しかし、狭いようでも、星の数ほどあるブログ、圧倒的に知らない星の方が多いのは当然、
そういう知らない、関心もない星から、いきなり攻撃されて驚くこともある…
周りに合せて発言しないと叩かれるような、窮屈さがあるかと思えば、
言いたい放題で謝ることもなく、平然としていられる野放図な場所でもある。
それを頭に置いて、もちろん、決して自分が「そっち側の人」にならないよう、
そして、不特定多数に発信するってそういうことなのだと割り切って、
でも、ま~緩く、楽しく、やって行きたいなと思います。

ランキングもね…
うんざりする話があり、参加するしない、最後まで迷ったのですが、
ささやかなこのブログでも、誰かが見てくれている、楽しんでくれている、
それを知ることができれば、やはり嬉しい。
と、いうわけで、ランキング復帰します。
さぁ~楽しんでくれたあなたは、久々ポチッと!
        ↓       
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


え?楽しめない?こんな記事じゃポチッと嫌?
そうですか。では、オマケ付けましょう。
じゃん!

b0259218_2311982.jpg

しょかです。

b0259218_23102171.jpg

初登場なのにオマケにされました。

b0259218_23111968.jpg

初登場なのに…アップそこですか。
だって目立つんだもん…


初登場のしょかにポチッと。
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓

にほんブログ村 猫ブログへ 人気ブログランキングへ

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-03-13 23:28 | しょか・お家 | Trackback | Comments(7)