昨日と今日のこと

b0259218_21521908.jpg

寒暖差は激しいけれど、少しずつ暖かくなっているのは間違いなく、
庭の雪もずいぶん溶けて、お隣の屋根の雪も少なくなりました。
昨日、10日、ちわりの命日には、ナオキが腕を振るい、ちわりが大好きだった…

b0259218_21551880.jpg

…カレーグラタンを…って、違う~
ちわりなら鮪とささみと鰹節でしょっ!なのですが、
明るい内に食事したかったのです。
買物へ行っていると、もしかして遅くなるかもしれない、それを避けたくて、
家にあるもの、すぐできるもので作ってもらいました。
でも、実は、上に乗っている温泉玉子は、ちわりの大好物。
その他、鰹節もお皿に大盤振る舞いだよ。
ニンゲンたちは、マカロニとブロッコリー、マッシュルーム、トマト、
その上にレトルトカレー+チーズ。
4年前の3月10日、薬の副作用で、胃腸の動きが悪くなっていたちわり、
摘便してもらうため、病院へ行きました。
美しく晴れた日で、わたしは、不思議な高揚を感じていました。
入りやすいよう、入口の低い子猫用のトイレを買い、
ちわりの処置が終わるのを待っていました。
その前、大学病院で摘便してもらった時は、そばについていました。
その日、市内の病院で、丁寧にするなら、少し時間を取って…と言われ、
そちらを選んで病院へ預けた。
ずっとソファで寝ていたのに、それだって体は辛かっただろうけれど、
副作用が出てから、いつもトイレの前の床に、伏せている、
少しでも長く、快適にしてあげたい…そう思ったのです。
それでも、4時頃には終わるということだったので、
明るい内に家へ帰ることができる、帰ったら、みんなでゆっくりしよう…
部屋の中は暖かく、お腹もすっきりして、少しは気持ち良く眠れるね…
だけど、病院からの電話は中々来なくて、5時になり、6時になり、
結局、外は真っ暗になってしまいました。
そして、ちわりは、ほとんど足が立たない状態で戻って来ました。
病院が悪いわけではないのです。わたしが選択ミスをした。
最後の一日だと知っていたら、どこへも行かず、ずっと一緒にいたかった。
そして、もし、そうしていたら、最後の一日にならなかったかもしれない…
でも、一方で、この日をちわりが選んだような気もしています。
ブラック勤務でほとんど家にいなかったナオキの、週に一度のお休みの日、
半年という、猫にとっては長い時間を、待ってくれた。
選択ミスを責め続ければ、どんどん遡ってキリがない。
「生まれなければ死ななかったのに」などという馬鹿なことになってしまう。
だから、ただ、ありがとう、と。それが一番なのは本当。
キミの一生に、寄り添えてしあわせです。
でも、3月10日は、一緒にいたかった。明るい部屋で、一緒に過ごしたかったな…
一晩、呆然として、キミを抱いて過ごした。
あの日、夕食は何を食べるつもりだったんだろう。
早く帰って、少しは楽になったキミをソファに寝かせて、
その時だけでも、ほっとしながら、食事をしていたはずだったのに。
やり直しはできないけれど、せめて、その日は、明るい内にゆっくり食事したくて、
まー、カレーでもよし!と、なりました。

b0259218_22372418.jpg

テーブルの後ろに少し写っているお花、

b0259218_22381560.jpg

mowcomaさん←クリックに、いただきました。ありがとう~
そして、明るい内に食事して、8時前に寝て、朝早くに目が覚めてしまった…ので、

b0259218_22340752.jpg

今日、11日も、早い時間にのんびりランチ。

b0259218_22351184.jpg

今日も、温玉付き。
口がないんだから食べるわけないとか、そんなことはわかっているけど、
でも、好物があったら楽しいではないか、いいのだ。

b0259218_22365643.jpg

ナオキは夕方から仕事なので、ノンアルを飲んだのですが、
顔を赤くして、酔った~と、とろんとろんになり、

b0259218_22403267.jpg

タオルケット敷いて、ちょっとだけお昼寝。
買物に行く予定だったけど、わたしもソファで寝てしまいました。
10日に亡くなって、今日一日一緒にいて、明日火葬だった。
10日は美しく晴れていたけれど、火葬の日はちらちらと雪が舞っていた。
その日、あのかわいい体は、永遠に失われてしまったけれど、
わたしは、今もちわりがそばにいると、感じています。
スピリチュアルとか宗教とか超常現象とか興味ない、でも、
ごくシンプルに、ちわりがそばにいることを感じている、
いつか、その答えを見つけられる日が、きっと来るのだろうと、思っています。

今日は、楽しい記事ではないし、独り言ぶつぶつ言っているようなものなので、
ランキングバナーとイイネボタンは外しました。
昨日も外しておくつもりだったのに、うっかりした…
コメント欄も閉めています。

東日本大震災から、7年ですね…
わたしは、あの時、被災した海辺の方々に、
「人って強いんだな」「優しくできるものなんだな」と、教えられました。
マスコミやネットや活字で、わかった気になってはいけないと思う。
同時に、一部分を実際に見たからといって、何がわかるわけでもない、
世界は複雑で多面的なのだということも、教えられた気がします。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2018-03-11 23:17 | しょか・お家 | Trackback

2018.03.10

3月10日、今日は、ちわりの命日です。
わたしにとって、特別な今日という日。
そして、今日、4年前のわたしと同じ、悲しい日を迎えるふたりも、
きっと、たくさんいるでしょう。
また、今日、出会って、長い楽しい日々が始まるふたり、
今日がスタートの一日になるふたりも、たくさんいるでしょう。
全てがプレゼントだと、改めて思う。悲しい今日も。

一日、静かに過ごします。

b0259218_07163965.jpg

みなさんと、みなさんの大切な家族にとって、
今日が良い日でありますように。


ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

コメント欄は、もうしばらくお休みします。

[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2018-03-10 08:31 | しょか・お家 | Trackback

夏が終わりますね…
え?とっくに終わってるだろ?…たしかに。
こちらはもう、夜など「寒…」と、呟いてしまう気温です。
楽しかった今年の夏…あ~早く次の夏が来ないかなっ!…(違?)
そんな夏の初めに、あねっこさん←クリックから、

b0259218_03301132.jpg

「ふぶきちゃん家の子記念日」プレゼントをいただきました。

b0259218_03301806.jpg

お、お菓子がいっぱい!と、いそいそコーヒー入れる、
家長と書いて食い意地張った奴隷と読むナオキ様…

b0259218_03305321.jpg

かわいいバッグフック。
ふぶきちゃんは、しょかと毛皮は似ていますが、おんにゃの子、
ちっちゃくて柔らかいんだろうな~
この写真を撮ったのは、

b0259218_03441152.jpg

8月17日(こちら☆こちら☆☆)…
しょか、波を上手によけていた…海の家の、冷やし中華食べたな~

b0259218_03542503.jpg

この時も…

b0259218_03540762.jpg

9月15日(こちら★)、しょかの隣で、ナオキが岩海苔ラーメン貪ってます。
あねっこさん、楽しかった今年の夏に、かわいい彩をありがとう~
これからも、大切に使わせてもらいますね!

b0259218_04011142.jpg

そして、9月は、わおんが亡くなった月です。
mowcomaさん←クリックから、お花をいただきました。
優しい、ぬくもり色のお花をありがとう~
もう1年経ったのか…あっという間にも感じる、遠い昔みたいにも思う…
亡くなる1年前の夏にも、少し体調を崩し、通院したわおん、
もし、これからもっと悪くなった時、どんな治療を、どれだけするべきか、しないべきか、
ちわりは、わたしと、少しでも一緒にいたいと思ってくれていた…そう信じている、
だけど、ちわりに対してさえ、無理をさせたのでは…と、
薬、強制給餌、大量の輸液…半年の時間を得るために、わたしのエゴのために、
ちわりを苦しませなかっただろうかと、今も答えが出ないのです。
ただ、わおんは、ちわりと違って、車が大嫌いなので、
遠い病院へ連れて行くことはできない、
自ずと、そこに答えがあるかもしれないな…と、ぼんやり思っていました。
体調を崩したその夏、近くの病院へまず連れて行った時、
あれ?車を嫌がらない…と、気付きました。
いつもは、大泣きで、泣き止むのは車が(信号などで)止まる時だけ、
片道20分の病院でも、行って帰ると声が出ないほどなのに、その日は全然泣きませんでした。
自分のエゴでは…などというきれいごとは、あっという間に崩れ、
車が大丈夫なら、遠くの病院にも連れて行ける!…
どんなことをしてでも、そばにいてほしいと、やはり、本音はそこから離れられない…
その時は、すぐに回復し、体調が戻ったあと、通院のため車へ乗せると、いつも通りの大泣き、
そうか、泣くことができないくらい、体調が悪かったんだね、
車が平気になったんじゃなかったんだね…
その1年後、わたしに「どうするべきか」などと考える時間も与えず、
わおんは、わおんらしく、一生を終えました。
闘病3日…でも「急に」ではなく、生まれて、歩いて、ドアを開けて出て行く、
そういうことなんだ…と、わたしは初めて、心から納得できました。
9月、夏が終わり、ちわりの体調が崩れた季節…
ここから、長くて短い、辛かったけどとてもしあわせな、ちわりとの時間があり、
もう、すでに、思い出して心が揺れる、揺れすぎて止まってしまいそう…
だけど、ちゃんと歩いたにゃん、ちゃんと歩くにゃん!と、
わおんに言われているような気がするのです。

b0259218_04011663.jpg

普段は、お花に興味を示さないしょか、
なぜか、今回のお花はじっくり眺めていて、
食べたりはしないの、ただ眺めて固まってます。不思議。


めそめそしてるわけではないぞっ…遠慮なくポチッとしたまえ♪
ランキングに参加しています。
↓        ↓        ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 

  にほんブログ村  人気ブログランキング

☆☆☆

昨日の記事にコメントありがとうございました。
やらいちょうさん、リードはがっしりわたしが持っているので、動かないですが…
何度降ろしても乗る…根負けしてます。とほほ…
ラッキーパパさん、いやいや、ママさん、えらい。
ここに長くはいないので、つい許してしまっているけど、乗ってほしくないです…
あねっこさん、お忙しそうだね。更新はまだなのね~待ってまーす(でも、無理せずに)♪
いっぱし、「よし、到着だぞ!」みたいな顔するんですよ。男の子だな~って(はあと)
manaさん、走ってるんです~!何度降ろしても、頑として乗る…
でも、しばらくすれば気がすんで降りるので、しぶしぶ許してる状態です~
ギョンさん、降ろすんだけどね…しつこくて。
ずっと乗っているようなら、もっと強硬策なんだけど、乗っている時間は短いの。
寛いでいるわりに、すぐ気が済むみたいですね。
>ときどき お巡りさんに 注意される人もいるみたいだから
だね。わたしがおまわりさんでも注意するよ(苦笑)

私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!
[PR]
by chiwari-yuki-y2 | 2017-09-30 04:44 | しょか・お家&お出かけ | Trackback | Comments(9)